iPhone 4 リュウドの携帯Bluetoothキーボード購入しました。

この記事の所要時間: 215



iPhone4用の携帯キーボードをついに購入しました。

もともと選択肢がたくさんあるわけではないのですが、今一番人気があるリュウドのワイヤレスキーボード、RBK-2100BTJ Ver.2.1にしました。
当初は純正のApple製のBluetoothキーボード(Apple Wireless Keyboard)がデザインもよく、ただの物欲魂から欲しかったのですが、コンパクトにおりたためることと、もしかしたら外出先で文章を書いたりするのに便利かもしれない・・・との理由でこれにしました。ただキーボードにしては送料税込で最安値だったとはいえ約9,000円程度の買物なので私的には数日間検討しましたが、何度もレビューをみているうちに勢いで楽天(秋葉モバイル)でぽちってしまいました。

KB

使ってみて1週間の感想ですが、想像以上に使い勝手はかなりよい!です。私の購入したのは最新バージョンの日本語版でキーボードにはるシールもついていました。
RBK-2100BTJはもともとJIS配列キーボードなのですが、iPhone 4のiOSではキーボード配列の選択にJISが入っていないため(US選択が余儀なくされています)、一部のキー入力がキートップの刻印と一致していません。このシールを貼ることで押し間違いがなくなります。

日本語入力についてはローマ字変換でサクサク入力できます。コマンドキーとスペースキーを同時に押すことで切り替えることができます。画面のiPhoneアプリはAwesome Noteです。

13 1 42 38

ryudo

キーボードのキータッチはなかなか心地よい感じです。あまり安っぽさは感じられませんでした。ちなみにキーピッチは18mmで両手でのタイピングもスムーズ、キーストロークも深くて押しやすく、肝心の日本語変換も非常にスムーズです。iPhoneと遅延なく、うまく同期していますので入力のストレスはまったくないです。

着脱式スタンドですので、自分の見やすい場所に携帯画面を設置できます。またスタンドは3段階で角度調整も可能です。

おまけにスエード調のソフトケースもついていますが、けっこうタイトなケースなので出し入れするのが面倒です。普段使いにはあまり必要ないかも。おまけの割にはしっかりしたものなので、逆にこのあたりを削ってもう少し安くしていただけると嬉しいかも。

愛機VPCZ1 Sony VAIO TypeZと並べてみました(iPhoneは撮影に4を使っているため自宅でtouch化してしまった3Gです)。キーボード幅も充分にあります。

VAIO_KB

iPhone 4にエネループ モバイルブースター(eneloop mobile booster)、そしてこのBluetoothキーボードがあれば、どこでもモバイルでのラィティング環境ができるので最強の組み合わせです。
そうそう、電池の持ちも(どこかのサイトに書いていたように記憶しますが)使い方にもよると思いますが、2カ月程度は余裕で持つそうです。このあたりもしばらく使ってみてからまたレビューしてみたいと思います。

リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2100BTJ Ver.2.1(Bluetooth HID、JIS配列) RBK-2100BTJ

リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2100BTJ Ver.2.1(Bluetooth HID、JIS配列) RBK-2100BTJ

中古価格: ¥ 3,350 より

Amazon価格:¥ 6,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2008-07-18




スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク