サツマイモとカボチャの秋風リゾット

この記事の所要時間: 154

急に冷え込んできました。先日までの暑さはなんだったのか・・・?というくらいの天気の変わりようです。

今日は食欲の秋!ということで、サツマイモ(とカボチャ)を使った秋らしいリゾットを作りました。

カボチャは冷蔵庫にあまっていたので使っただけで、サツマイモだけでも、カボチャだけでもOKです。

調理時間は煮込みに15分程度かかるだけなので、お手軽ランチとしてどうでしょうか?

お好みで、パルメザンチーズをたくさんふったり、コショウをふったり、あるいはエクストラバージンオイル

なんかをかけると味がまたかわって美味しいですよ。

rizot02

【材料(2人分)】

・お米 1/2合
・お水 800CC
・サツマイモ(1cmの角切り) 1/2本(100グラム程度)
・カボチャ(1cmの角切り) 同量
・ベーコン 2枚 あったほうが塩けが出ていい感じです。
・玉ねぎ 1/2-1/4個(小さい玉ねぎなら1個、100グラム程度)
・固形ブイヨン 1個
・バター 大さじ1/2
・パルメザンチーズ 大さじ1(食べる時にもかけるもで適量)
・塩・胡椒 少々(塩はベーコンをいれる時味をみて調整)
・ドライパセリ 色合いをよくするため

【作り方】

①サツマイモ、カボチャは皮をむき1cmの角切りにする。
サツマイモはピーラーでむくとむきやすいです。

②サツマイモの灰汁を抜くため水にさらします。

③玉ねぎはミジン切りに、ベーコンは適当な大きさにカットします。

④フライパンにオリーブオイルをひいて、玉ねぎとベーコンを炒めます。

⑤玉ねぎが透明になったら、お米を入れる(お米は事前に軽く洗っておきます)。

⑥お米が透明になったら、サツマイモとカボチャをいれて炒めます。

⑦ある程度炒まったら、白ワイン(または調理酒)を大さじ2程度いれてアルコール
をとばします。(なければなくてもOKです)

⑧お水を800CCをいれて、砕いたブイヨンをいれて煮詰めます。

rizoto03

⑨15分程度かかりますが、適宜ヘラ等でまぜてお米を焦げ付かせないように注意。

⑩お米が煮えたら、バターを少しとパルメザンチーズを少し入れて混ぜあわせます。

⑪味をみて、薄ければ塩で調節します(ベーコン、ブイヨンがあると味がでているので
不要かも)。

⑫お皿に盛り付け、ドライパセリをふってできあがりです。
お好みでEXバージンオリーブ油、パルメザンチーズ、胡椒をかけて食べるとGOOD!
途中で加えると味がかわって、飽きずに食べられます。

【ポイント】

お米が焦げ付かないようにヘラで適宜まぜて煮詰めていきます。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク