【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

【レビュー】 ピクニックに最適なコールマン起毛レジャーシートはオススメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GW明け、ようやく外も暖かくなってきたこともあり、簡単なお弁当をつくって近くの公園までピクニックにでかけてきました。

そこで我が家のマストアイテム候補、Coleman-コールマン-起毛レジャーシートも持参しました。

実はこのレジャーシートですが、もともと昨年の晩秋にふとおもいついて購入して以来、ずっとこの季節まで出番をまっていました。

私はそれほどアウトドアが好きな方ではないのですが、この商品実に使い勝手が良いです。

まず、ポイントとなるのがレジャーシートの表面が肌さわりの良い「起毛」であることです。

通常のレジャーシート(ビニールのペラペラなもの)は、いざ広げてみて座ってみた時に、地面からひんやりとして冷たさがダイレクトに伝わってきます

コールマンのレジャーシートは厚さがあるため、地面の冷たさが気にならないのです!

また多少でこぼこのところであっても厚さの分、軽減されるので座り心地は快適です。

→コールマン起毛レジャーシートの口コミをみてみる

そして、シートの裏側は撥水加工のあるポリ塩化ビニールになっているため、下からの湿気や多少の水気はシャットアウトできます。

また万が一汚れたとしても、濡れたタオルなどで拭くこともできますので衛生的です。

サイズは、レギュラーサイズが170×170cm(縦×横)の正方形、ミニサイズは140×90cm(縦×横)の長方形の2種類あり、私が購入したのはミニサイズ×2つです。

メーカー希望小売価格はミニサイズが1,890円、レギュラーサイズは2,625円。

さすがアウトドアの会社の商品らしく、使い勝手もよい仕掛けが。
収納時は本体を折りたたんだ後にシートの端に2本ついているラバーバンド(ゴムバンド)でくるりとコンパクトに丸めることができます。

さらに本体には持ち運びに便利なように持ち手も用意されていたり、ネームタグも付属してたり、きめ細やかな商品づくりです。

→コールマン起毛レジャーシートの口コミをみてみる

本日は風邪は強かったですが、とても良いお天気で芝生の上にねっ転がるのは最高の癒しです。

解放感のある空間。

ねっ転がるとこの空がみえる・・・

今日のお弁当は梅干し入りのオニギリと卵焼き、ウィンナー、ヒジキとジャガイモのコロッケ、プチトマトの豚肉巻き焼き(焼き肉のタレバージョン)、春雨とヒジキと大豆のマヨ和えサラダ、ボイルしたアスパラ、アメリカンチェリーです。

デザートには自家製パイナップルケーキを持参。温かいコーヒー忘れた・・・

最近iPad購入で電子書籍リーダーとしての立場も危うくなりつつある、ソニーの電子書籍Sony Reader PRS-650も持参。

太陽光下の明るい場所でも視認性はばっちりです。

漫画を読んだり、暗い場所でない限りは読書にはこちらのほうが向いています(iPad2は軽量化されたとはいえ、片手でもって閲覧することは辛い・・・)。

→コールマン起毛レジャーシートの口コミをみてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活雑貨
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間