秋の味覚、キノコのひかひかご飯は超絶美味いっ

この記事の所要時間: 144



我が家の定番料理のご紹介です。その名もキノコのひかひかご飯!

秋の味覚はキノコですが、ちょっととしたひと手間でおいしい混ぜご飯ができてしまいます。

一度食べたら超病みつきのキノコの「ひかひかご飯」をぜひぜひつくってみてはいかがでしょうか?これはかなり前になりますが、小林カツ代さんが紹介していたレシピ(エリンギのひかひかご飯)です。

「ひかひか」とはその名の通り、キノコをトースターでひかひかに干からびるまでじっくり焼くことに由来しています。

エリンギだけではなく、シメジやマイタケでも誰でも簡単においしく出来上がります。

最後にあったかご飯に酢橘をキュッとひと絞り・・・ 本当に風味豊かな秋のごちそうの出来上がりです。^-^



1000005340
【材料(2人分)】

・エリンギ 1~2本、マイタケ 1~2房 (キノコであれば、マイタケやシメジでもOK)

・薄口醤油 大さじ1/2

・炊き立てご飯 2人分

・すだち 適量(なければレモン汁でもOKです)



【作り方】

①エリンギは縦にいくつかにさいて適当な長さに切ります。

1000005334
②オーブントースターの天板にさいたエリンギやマイタケを並べて、干からびる寸前まで焼きます。

ただし焼きすぎて黒く焦がさないように!(240Wで10-15分程度、様子を適宜みておくことが重要)

10000053321000005335
この程度まで干からびるとOKです。あまりやりすぎると固くなります。

1000005322
③焼き立てのエリンギを薄口醤油につけて、よく絡めます。

(この時、酢橘ではなくレモン汁の場合、事前まぜておいてもOK)

1000005339
④炊き立てのあつあつご飯に③を醤油ごと混ぜます。

1000005338
⑤最後に器にもったら、酢橘の皮をすりおろしてふり、果汁を絞ります。

できあがり! o(^-^)o

1000005340


今年はぜひチャレンジしてみたいと思っているのが、キノコの自宅栽培です。昨年メディアでとりあげられて話題になっていましたが、今年も9月中旬以降から出荷予定とのことで楽しみです。

この自宅栽培したキノコでつくる「ひかひかご飯」は間違いなく美味いと思います!



大人気「森のキノコ栽培」 自宅で簡単にエリンギ、シメジ、ナメコ、椎茸がたくさん育てられる栽培キットはこちら

hyoushi_gazou

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク