【絶品レシピ】 圧力鍋でつくるお肉トロトロな洋食屋のビーフシチュー

この記事の所要時間: 227

*мёггу снгisтмдs゚・*:.。. ☆

毎年12月24日のクリスマスイヴにはビーフシチューをつくって自宅で祝うのがここ数年の習慣になっています。

特に圧力鍋を買ってからは、長時間煮込んで肉を柔らかくしないといけない時間がかからなくなり、お得意のレシピになりました。

今年は妻の焼いたパンを添えて、オーガニック赤ワインとともに。( ? 3?)?

そして、厚めのベーコンをカリカリに焼いて、食パンでつくったクルトンを混ぜた温玉のせシーザーサラダ!

シーザーサラダパン

今年のオーガニックボジョレー買い置き。

ワインちーず

スポンサーリンク

お肉トロトロの洋食屋さんのビーフシチューの作り方

【材料(4人分)】

・牛肉(すね肉) 300g~600g 肉の量はお好みで!牛バラ肉でもOKです。

・玉ねぎ 大1個

・セロリ 2本

・にんじん 大1本

・マッシュルーム10個程度 (あればブラウンンマッシュルーム)

・じゃがいも 大2~4個 お好みで!

・にんにく 1かけ

・ハインツ デミグラスソース 1缶

・ハインツ トマトケチャップ 大さじ2

・カットトマト 1/2缶(ホールトマト缶でもOK)

・赤ワイン 300cc お好みで!(1~2カップ)

・キウイ 1個

・水 300cc

・ローリエ 1~2枚

・塩・こしょう 少々(肉に下味つけ)

・オリーブオイル 適量(大さじ2)

・バター 適量(大さじ2)

・コ-ヒーフレッシュ(最後にトッピングとして使います)

※その他、ブロッコリーをゆでたものあれば飾りとして見栄えが良いです。

【作り方】

1.野菜等の下準備

①野菜をそれぞれの大きさにカットします。玉ねぎはくし切り、 にんじんは乱切り、セロリとにんにくはみじん切り。ジャガイモは皮をむいて半分に。マッシュルームは石ずきを取っておきます。

ビーフシチュー3ビーフシチュー4

2.オリーブ油とバターで牛肉の両面を焼く

②フライパンにオリーブ油とバターを熱して、塩コショウした牛肉を入れ両面焼き目がつくまで強火で焼いて、圧力鍋へいれます。

ビーフシチュー6

3.野菜も牛肉も圧力鍋へ

③牛肉を炒めたフライパンで玉ねぎ、セロリ、にんにく、にんじんを炒めてしんなりしてきたら、圧力鍋へいれます。(圧力鍋ですませてもOk)

ビーフシチュー5

4.旨味のもとになる調味料を加える

④赤ワイン、ケチャップ、カットトマト、水、ローリエも入れ混ぜ合わせます。

ビーフシチュー7

5.加圧する

⑤すべてを混ぜ合わしたら圧力鍋の蓋をして加圧(1回目は20分が目安)します。強火にして圧力がかかったら弱火にして加圧します。

T-falの圧力鍋ならばタイマーとアラームで加圧時間や火を調節するタイミングがわかるので便利ですよ。

ビーフシチュー8ビーフシチュー9

6.ジャガイモとデミグラスソースを加える

⑥火を止めて、圧力が完全に下がってから圧力蓋を開け、最後にジャガイモとデミグラスソースを加えて軽く混ぜ合わせ、再度加圧します。2回目は5分が目安です。

ビーフシチュー10ビーフシチュー11

7.再加圧する

⑦加圧後、自然放置して圧力が下がってから蓋を開けて2~3分煮つめて出来上がり!

8.器に盛り付ける

⑧器に盛って、コ-ヒーフレッシュミルクをかけると見栄えもよく完成です。

※ボールに牛肉を入れて、赤ワインをひたひたにかぶるぐらいいれます。スライスしたキウイをのせて1時間程度漬けておくと肉が柔らかくなっておいしくなります。

ビーフシチュー1
スポンサーリンク

2009年~2011年版のビーフシチュー

毎年、記念日などにはビーフシチューが定番のごちそうになっています。

ビーフシチュー昨年版

シユー
スポンサーリンク

つけあわせのパンづくり。

クイジナートのフ-ドプロセッサーでパン生地をこねて、ねかせて焼くだけ!

パン2パン3

パン1

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク