【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

自宅留学できるiTunes Uの英語学習活用方法 iPad編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

またAppleが素晴らしいサービスを開始しました。自宅にいながらにして世界の有名大学を含む講義を視聴することができる、iTunes Uです。
正確に言うと、iTunes Uは以前よりiTunesに存在していましたが、その時は映像と音声のみのコンテンツを提供するサービスにすぎませんでした。
専用のアプリケーションiTunes Uを無料ダウンロードで提供し、これまでの音声や映像といったポッドキャスト的教材だけではなく、テキスト+補助教材としての映像・音声といった「コース」がされています。
現在は英語教材メインですが、今後よりインタラクティブな教材が日本を含む世界中から発信されることになると予想されます。そのエコシステム構築のために、Appleは囲い込みのために、そのツールも無償で提供しています。
IMG_0264

現在はSkypeを使った英会話サービスもありますが、さらに進化したインタラクテイブな語学サービスを提供する企業もでてくることは間違いないでしょう。iPadやiPhoneさえ、あれば誰でも簡単に受講できる画期的なプラットフォームです。ただ、iTunes UはiPhoneよりはiPadで使ったほうがユーザービリティの面で真価が発揮されると思います。
iPadは表示領域が大きいこともあって、コンテンツ間を行き来するのが便利です。
※但し現在のバージョンではiTunes U⇔iBooksを相互に行き来することができませんでした。

今回私が選択した講座はこちら。The Open Universityの提供する「Ecosystems」です。画面はiPad2です。
IMG_0271
IMG_0272

◆テキストでメモを残すことができます。iBooksのテキストに残したメモ等もこちらで管理することができます。
IMG_0274

◆講義に関連するコンテンツやアプリケーションが表示されており、ダウンロードすることができます。

IMG_0275

◆講義テキストを選択すると、iBooksが起動してテキストが開きます。
IMG_0278

◆やはりiPad2の大画面でのテキストの読みやすさはiPhoneよりも快適ですね。
IMG_0279

◆注目!Apple TV2のユーザーであればAirplayで講義映像をTVへ飛ばして、手元もiPadで教材をみるなどが可能です! これはすごく便利です。^-^

IMG_8696

TED PlayerやNHK WORLDアプリ等、英語学習者にとっては無料でこれだけの良質なリッチコンテンツが提供されることは嬉しい限りです。

最後に、ご参考までにiPhone4でのiTunes Uの画面はこちら。iPad版に比べて、画面が小さいため文字の大きさを調節できるものの、使い勝手が良いとはいえません。
IMG_8678IMG_8680IMG_8681

◆「+」ボタンを押すことでメモを入力したり、iBooksでつけたメモもこちらで集中管理することができます。
IMG_8682IMG_8683

◆映像素材はここからダウンロードかストリーミングで視聴することができます。
IMG_8684IMG_8685

◆講義テキストは電子書籍として提供され、ダウンロードすることでiBooksで閲覧することができます。現在のところiTunes UからiBooksへ遷移すると、1クリックでiTunes Uへ戻ることができないのが残念なところ。(バックグラウンドで起動しているのでホームボタンをダブルクリックでiTunes Uの元の画面に戻ることができます)
IMG_8687IMG_8690IMG_8689


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
語学
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。