アグネータ・フロック 北欧の自然とファンタジー

この記事の所要時間: 225



私は都合により参加できませんでしたが、妻が銀座のギャラリーで開かれた北欧の切り絵作家、アグネータ・フロックさんの作品展にでかけてきました。 昨年、スウェーデン大使館で開催されたワークショップに参加して以来の再会。

名古屋の高島屋である「2012バラのある庭と北欧の切り絵 〜Dearロザリアン〜」 展示会には参加したい、、、、とGW直前に思ったときには新幹線のチケットもとれませんでした。 あまりにも残念がっていたところ、ネットで調べると、銀座の画廊でも別企画で個展があること知りました。しかもご本人も13日は在廊されるとのこと。
早速主催元のアクアビットさんよりDMをご送付いただき、ある”使命”を妻にたくしました。
アグネータフロック1
銀座 北欧の匠
北欧の自然とファンタジー北欧生まれのものたちフェアー(同時開催)
■ 会場:東京都中央区銀座1-15-13 北欧ビル 北欧の匠 3F ギャラリー祥
■ 期間:5月11(金)~5/20(日) ※定休月曜
■ 時間11:00~18:00

アグネータ・フロック(Agneta Flock)

スウェーデンの切り絵作家およびテキスタイル・アーティスト。
テキスタイル作品はストックホルム国立美術館に収蔵され、
その芸術性は高く評価されている。1980年代末より童話や寓話、
神話などをモチーフにした切り絵を発表。
これも国内外で人気を博しており、切り絵作品の一部は
ストックホルムの北方民族博物館に永久保存されている。
日本でもNHKのオシャレ工房で活躍する他、個展開催を行い、ファンは多い。

ある使命とは・・・・・ アグネータさんのオリジナルの切り絵を購入すること。^-^
昨年、NHKで紹介され、「光のアトリエ 北欧切り絵―アグネータ・フロックの世界」をみた瞬間から妻同様、私もファンになってしまいました。あの繊細でカワイイ切り絵をぜひ我が家にも飾っておきたい!

光のアトリエ 北欧切り絵 ~アグネータ・フロックの世界

著者/訳者:アグネータ フロック

出版社:NHK出版( 2009-11-26 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 95 ページ )

ISBN-10 : 414031169X

ISBN-13 : 9784140311691




今回、購入した作品は「Rosarian II」という作品です。ロザリアンとは「薔薇を育てる人」という意味ですが、この作品でアグネータさんの作品でもおなじみの青い猫がジョウロで薔薇に水を与えている姿を切り絵で表現しています。
銀座での個展のために急遽ハンドキャリーでアグネータさんが日本にもってきてくださった作品だそうです。
やはり実物の作品は、本やポストカードではわからないオリジナルの良さが堪能できますね。^-^
この切り絵をみると明日からまた頑張ろうという気になります。癒されます・・・

展示会でも販売されていたアクアビットさんのオリジナル企画商品、アグネータ・フロックのクリアーホルダーやポストカードはこちらで購入することが可能です。

アクアビットジャパン

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク