山田照明のLEDデスクライトZ-LIGHT Z-10がすばらしく良い

この記事の所要時間: 338

IKEAで買った趣味の机のためのデスクライトを探していると、よさげなものを発見。 口コミ評価とコスパから即決してAmazonで購入しました。

山田照明のZ-LIGHT Z-10というクランプ式LEDデスクライト(シルバー)です。
実売1万円を切るコスパ抜群のLEDスタンド。 Z-LIGHTって1954年以来、発売され続けている老舗ブランドなのです。

季節の衣替えにあわせて自宅の収納スペースを改善するべく、ディノスでつっぱり棒式のクローゼットハンガー購入。 価格はネットクーポンを使ったので...
Z-10

新型はこちらの型番になります。



商品が到着したので早速開封して装着することに。 想像していたよりはコンパクトな印象。
Amazonではこの箱にラベル直貼りで宅配されてきました(クロネコヤマト)。
Z-LIGHT Z-10

同梱物は本体以外にACアダプター、クランプ、マニュアル、L字型レンチ、スプリング2本。
Z-10開封

付属のスプリング2本ですが、アームに自分でとりつける必要があるのですが、これが相当に固い・・・ おそらく女性では無理ではないかと思います。スプリングがスプリングホルダーにひっかけて伸ばすものの、かなり力をいれてひっぱらないといけないので、危なっかしいです。
付属のスプリング

↓ こちらのスプリング2本だけはマニュアルの通り、自分でつける必要があります。
スプリング取付Z-10

私の場合、もう一方のアーム部分に元から装着してあったスプリング2本をはずして、代わりにとりつけ、新しいスプリングのほうをそちらへ取り付けることにしました。
長さが同じですので、元からつけている分、スプリングがやや伸びているので取り付けやすく、こちらの方法をおすすめします。
スプリング取付2

こちらのスプリングをとるはずしてつけるとつけやすいです。
(こちらのアームにあるスプリングホルダー間の距離が新しくとりつける箇所よりも短いので、新しいスプリングでも大丈夫です)
Z-10スプリング取付

さて、注目のLED部分。下の写真のように横一列に並んでいます。見た目心もとないのですが、実力はいかに?
Z-10 LED部分Z-10 LED部分2

感心したのは、新型クランプです。
これは口コミをみて知っていましたが、通常は机の下側からまわして固定する商品が多い中、このZ-10のクランプは上からねじ込むことでスタンドを固定することができます。ちょっとした隙間さえあれば上から簡単に取り付けることが可能です。厚さ6mm~45mmまでの机に取り付け可能。
Z-10クランプ

また本体もアルミボディーのため、1.4kgと非常に軽量で扱いやすく机の負担にもなりません。
デザインも薄くて圧迫感もなく、スッキリとした印象でいい感じです。
Z-10ジョイント部分1

アームも軽くスムーズに動くので角度調整はしやすいです。
ちなみにジョイント部分は付属のL型レンチで各ジョイント部分にある六角穴ネジの締め付け具合を調整することができます。デフォルトの状態では個体差があるので、ゆるすぎたり、硬すぎると思う方はぜひ調整を。
※写真の黒い部分をレンチで調整するところです(ジョイント箇所は3つ)。

このプッシュスイッチを押すことで明るさを無段階で調整することができます(10~100%)。 長押しで明るさの調整、短く押すことでON/OFF、2回クリックで100%点灯になります。
Z-10スイッチ

そして、明るさですが・・・ 白熱灯150W相当(LED12.7W)なので、かなり明るいです。 LED特有の多重影も感じられず、手元がみやすいです。 直下照度は2,000Lx(測定高40cm)。

最大の難点はLEDライトの寿命がくると自分で交換できないというエコではないところ。※ランプ寿命で修理対応ができる旨、マニュアルに記載されていますが、自分では交換できないのが手間・・・

とはいえ、3,000時間/年使用で8~10年使用できるとのことで、1日に約8時間つかってもかなり耐久性はあるので長く使えると思います。
Z-10装着後

デザイン、使い勝手、コスパ3拍子そろっておすすめです。 星5つ評価★★★★★。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク