【解決】年齢制限でGoogleアカウントがロックされた場合の解除

この記事の所要時間: 125

google

今日、たまたまはまってしまったのでメモ。

発端はYoutubeでチャンネル作成しようとした時に適当に生年月日を2013年1月1日にして登録してしまったことから。

Googleアカウントはかなり前に登録していたので知らなかったのですが、どうやら新規アカウント登録の際に生年月日をデフォルトで入力することになっているようです。

Googleアカウントは利用規約によると13歳以上でしか利用できないようです。

今回、でたらめに今年の年月日を入力したことによって、即座にGoogleアカウントがロックされてしまいました。
Googleアカウントロック画面

このまま何もしないと、29日後にアカウントが削除されてしまう・・・・!?ので焦りました。

スポンサーリンク

アカウントロックの解除方法は?

グーグルアカウントのロックを解除するにはどうするのか?

メッセージには「13 歳以上の場合は、ここをクリックしてアカウントのロック解除プロセスを開始してください。」と書かれていますので、次に表示される希望する本人確認手段を選択することになります。

アカウントロック解除には3つあります。
Googleアカウントロック

身分証明書をオンラインか郵送で送付するか、クレジット認証で本人確認する3つ。

身分証明書を送付するのは時間がかかりますし、躊躇してしまったので、0.3ドルかかりますが、クレジットカードを入力することで即時アカウントロック解除を実行しました。

注意点としては、なぜかGoogle製ブラウザーのChromeではクレジットカード選択後の入力フォームがブラウザーで表示されないという罠が。

※ブラウザーの設定なのかもしれませんが、私はだめでした。

仕方なく別ブラウザーIEでやってみると入力フォームが表示され、無事認証完了。

即時でGoogleアカウントが復活しました。

今後は適当に生年月日をいれないように注意しなければ。

即時アウトになってクレジット認証で0.3ドル課金されるとは思いませんでした。

万が一、ブラウザーをとじてしまった場合はGoogleアカウントのページから解除が可能です。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク