BUFFALOのNASの故障したHDD再度換装する

この記事の所要時間: 25


年始早々故障したBUFFALOのNASですが、今度は片方のHDDがだめになってしまいました。
<過去記事>BuffaloのNASの故障したHDD換装しました
NAS再度HDD換装
LS-WVL2.0L/R1モデルは2010年9月発売モデルで、もう2年半ほど経過していますのでそろそろ交換時期だったのかもしれませんが、週末の突然の停電のため故障したのは間違いないと思います。 頼むよ・・・東電さん。

停電後、NASが認識しなかったり挙動がおかしいと思っていたら、いつのまにか前回同様のE30エラーメッセージが表示されるようになっていました。NASアラートNASアラート2

本体の赤ランプも点灯。 うぉー、、、、、まさかの出費。
NAS赤ランプ

早速、前回同様にドライブ1と同じSeagate 3.5inch 1.0TB 7200rpm 64MBキャッシュ SATA3.0 ST1000DM003/NをAmazonで購入。 前回とほぼ同じ金額でした。
一度換装しているので今回は迷いなく交換完了。ハードディスク交換手順マニュアルはこちら

カテゴリ:



新HDDNAS換装完了
NASのHDD換装後、電源をいれるとNASナビゲーター上では?マークが点灯。
早速WEB設定画面にてRAIDの再構築を行います。
NAS換装後
あとはRAIDの再構築をするだけです。RAID1の再構築はこちら
LinkstationのWEB設定をひらいて、システム→ディスク→RAIDアレイ
交換したディスク2が「エラー発生」表示されていますが、HDDが認識されています。
RAID再構築
RAIDアレイにある「RAIDアレイの再構築」のボタンを押します。
RAID再構築警告RAID再構築通信の確認
再構築ボタンを押して進めていくと、RAIDアレイの再構築が開始します。
容量が大きいため、時間がかかります。完了までおそらく1日かかると思いますので放置します。
RAID再構築中メッセージ
NASナビゲーター状でも再構成中なのが確認できます。
RAID1再構築中メッセージ
前回RAID0からRAID1に切り替えていたので、換装後のデータ復旧は楽でした。

ただ今後は安価な外付けHDDもあるので、ルーター直付けで、わざわざ専用の割高なNASを購入する必要はないかもしれません。また大容量・安価なクラウドサービスがでてくるでしょうから、NASの寿命と電気代などを考慮すると、いっそのことクラウドへ移行したほうが良いかもしれません。 こちらは今後の検討課題として・・・

最近、リビングにあるSONYのHDDレコーダーも時々再生中にフリーズする現象が・・・ 新たなHDDまわりのトラブルの予兆です。
HDDレコーダーの場合はメーカーのソフトウェアが書き込みされているようで、PCやNASのように自分で安価なHDDを購入して換装することができないのが残念なところです。
メーカー修理よりも新しいのを1台購入するべきかどうか迷います。

カテゴリ:


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク