初めての家庭トルコ料理 坊さんの気絶

この記事の所要時間: 210


坊さんの気絶イズミル風ハンバーグ煮込みジャジュク
今日の夕食は家庭トルコ料理に挑戦してみました。といっても手軽にできるものばかりですが・・・

メインはイズミル風肉団子料理の「イズミール・キョフテ」、坊さんの気絶といわれる「パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ」、ヨーグルトとキュウリの冷製サラダの3品。

トルコ料理って、つくってみて知ったのですが、かなりヘルシーですね・・・
特に今日のメニューは夏野菜をふんだんに使ってつくっていますので、相当野菜は摂取できます。^-^

「坊さんの気絶」、日本語の料理名がインパクトありますが、イマム・バユルドゥとは「イスラム僧の気絶」という意味です。
イマムはイスラム僧、バユルドゥは気絶。 その名の通り、気絶するほど美味しい!ってことなのでしょう。
味は気絶こそしませんが、夏野菜たっぷりの茄子にはスープがよくしみ込んでおり、タマネギの甘みとトマトの酸味がSo Good! またレモンを絞って食べることで、さらに酸味がまして、お口の中にさわやかな甘みが広がります。
冷やした場合はレモン(特に暑い夏は)がおすすめです。

【材料(2人分)】

・茄子 4本
・タマネギ 1/2個
・青ピーマン 1/2個
・トマト 1個
・ニンニク 一片(みじん切り)
・青シソ 6枚 (パセリやイタリアンパセリでもOKです)
・レモン汁 少々
・塩 小さじ1
・コンソメ 1個
・水 2カップ
・砂糖 小さじ1
・レモン 1/2個 (くし切り)

【作り方】

①茄子はヘタを残した状態でピーラーでストライプ状に皮をむき、塩水にさらしておく。
②トマトはさいの目に切り、玉ねぎ、ピーマン、ニンニクはみじん切りにする。
③フライパンにオリーブオイルをひき、弱火で茄子を柔らかくなるまでまんべんなく炒める。
④別のフライパンにニンニクを弱火でオリーブオイルで炒め、香りがでてきたら、玉ねぎをいれてしんなりするまで炒める。
⑤しんなりしてきたら、ピーマンとトマトを加え、砂糖と塩で少し味付をしてよく炒める。
⑥茄子のピーラーで皮をむいたところに包丁で縦方向に切れ目をいれて、⑤で炒めた野菜をしっかりと詰め込む。
⑦フライパンに⑥の具材をつめた茄子を並べて、水を加える。 塩、砂糖、レモン汁を加えて、蓋をして最初は強火で沸騰させた後は弱火で約30分程度煮込む。※水分が少し残る程度まで。
⑧常温になるまでさました後、タッパにうつしかえ、冷蔵庫でよく冷やす。
⑨食べる時は茄子に青シソまたはパセリをふりかけて、くし切りのレモンを添えて食卓にだし、レモンを絞っていただきます。

ふたりで茄子4本(しかも大き目サイズだった)はきついかな・・・?と思いましたが、意外とさっぱりして軽いので完食しました。
今回はイズミール・キョフテをつくったので、詰め物にひき肉をあわせなかったのですが、次回はミンチも一緒に炒めた物を茄子につめたバージョンもつくってみたいと思います。

家庭で作れるトルコ料理

著者/訳者:荻野 恭子

出版社:河出書房新社( 2009-05-30 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,728

大型本 ( 95 ページ )

ISBN-10 : 430928163X

ISBN-13 : 9784309281636



トルコ大使の食卓(仮) (TOKYO NEWS MOOK 364号)

出版社:東京ニュース通信社( 2013-05-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,234

ムック ( 112 ページ )

ISBN-10 : 4863363230

ISBN-13 : 9784863363236