鶏肉のサテソース焼きでエスニックワンプレート

この記事の所要時間: 120


鶏肉のサテソース焼きプレート

今晩はカルディで買ったサテソースを使って簡単にエスニックワンプレートです。
鶏肉をサテソースに漬けこんで(少なくとも1時間以上)、フライパンで焼くだけ。
それだけだと芸がないので、むき海老とアボガドを使った生春巻きもつくりました。 ただ、巻き方に苦戦・・・・
(2本目からは綺麗に負けましたが、コツがいりますね)

サテソースとは、東南アジア諸国で広く親しまれているエスニック風味の串焼き料理(サテ)用の調理ソースのこと。
ココナッツとピーナッツがベースのスパイシーなグリルソースです。
鶏肉や羊肉などをサテソースで漬け込んで焼くと、いつもと違った一品に。
サラダのドレッシングとして使ったり、鶏がらスープとあわせてエスニック鍋の出汁にも使えます。

カルディで売っているサテソースはドーバーフィールドファーイーストという輸入販売会社の「Yeo’s SATAY SAUCE」、250ml。
ネットで調べると自分でもつくれそうですが、材料をそろえることを考えると300-400円ならば、このソースを買ったほうが早いです。

【材料(2人前)】
・鶏もも肉 300g
・サテソース 大さじ4~お好みで
・ナンプラー 大さじ1

【作り方】
①鶏肉(唐揚げ用のもも肉を使いました)とサテソース、ナンプラーをジップロックにいれて、よく揉みこむ。サテソース漬けこみ②冷蔵庫に1時間以上、冷やしておく。
③フライパンに油をひき、両面焦げ目がつくまでよく焼く。 肉が大きかったので20分程度、フライパンに蓋をして蒸し焼きにしました。
サテソース焼き蒸し焼き

ナンプラーはお好みで。プラスでニンニクいれても良いかもしれません。

甘いソースがご飯にマッチ。 平日のちゃっちゃっとディナーにぜひどうぞ。

生春巻

生春巻はもっと練習が必要だと痛感・・・

ヨウ サテソース 250ml

ヨウ サテソース 250ml

Amazon価格:¥ 420

カテゴリ:食品&飲料


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク