3時のおやつに手作り抹茶ういろう

この記事の所要時間: 18


抹茶ういろう

台風直撃の週末、家でまったりドラマ鑑賞。
ちょっと甘いものが食べたくなったので、妻がつくってくれました。

手作り抹茶ういろう(外郎)です。
なぜにこの時期にういろう?なのかはさておき、なかなか本格的な味わい。

ういろうは米粉や小麦粉、ワラビ粉などの穀粉に砂糖とお湯を練り合わせてつくる蒸し菓子。
今回はどこの自宅にでもある小麦粉を使ってつくりました。

黒蜜をかけるとより美味しくなりますが、今回はカロリーを考えて断念・・・ きな粉だけで我慢我慢。
それでもほどよい甘さが上品で満足できる味でしたよ。

【材料】
A
・砂糖 100g
・お湯 100cc
B
・水 200cc
・小麦粉 100g
・抹茶(粉末) 4g

【作り方】
①Aを混ぜ合わせて、よく砂糖を溶かす。
②Bの材料と①をよく混ぜ合わせる。
③平らなタッパーなどにうつし、ふんわりとラップをかけて電子レンジでチンするだけ。
※最初はレンジ強で5分、次にレンジ弱で2分の計7分。
※よく熱が通るように、タッパーにはういろうの高さが2-3センチ程度になるようにしておく。
⑥冷蔵庫でよく冷やして、食べるときに切り分けてきな粉をかけていただく。

今回はこの材料でタッパー2つ分で、4回分(4人分)食べるぐらいのういろうが出来上がりました。
電子レンジにはタッパーを1つづついれて加熱してください。

こんなに簡単にういろうができるとは。。。 3時のおやつにおすすめです。
以前つくった、今宮神社門前のあぶり餅もぜひ。

【過去記事】 ホームベーカリーで京都今宮神社門前老舗のあぶり餅を再現してみる

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク