手作りバジルペストソースでジェノヴェーゼパスタをつくる

この記事の所要時間: 156

手作りジェノバソースで美味しいパスタをつくる

先週末、Eテレ(NHK)で「京都大原ベニシアの手づくり暮らし」の再放送をみて、ジェノヴェーゼをつくってみたくなりました。
ベニシアさんは自宅の庭でとれたバジルで自家製バジルペストソースをつくって、アイスキューブにして1年ほど冷凍保存しているそうです。 ジェノヴェーゼを食べたくなったら、それを解凍してパスタと混ぜるだけ。 その上にバターで炒めたトマトをトッピング。

あー、今すぐ食べたい!つくりたい!

冷蔵庫には既製品のバジルソースはありましたが、ここはやはり手作りでしょう!ということで、早速仕事帰りにバジル、冷凍むき海老、トマトなどを買って、今晩は簡単イタリアンです。

ジェノヴェーゼは初めてつくったのですが、これは本当に美味しかった。

松の実(30g程度)は、フライパンで炒っておくと香ばしくなります。 あとは粉チーズ大さじ3、レモン汁少々、ニンニク1片、バジルの葉30-50g、オリーブオイル50cc、塩少々をミキサーにいれて、ペースト状になるまでまわすだけ。
今回は二人分の使い切りソースを作ったので、少量ゆえバーミックスで苦労しながらもなんとかペースト状になりました。

【材料(2人前)】

・パスタ 200g

<パスタの具材>
・むき海老(90g程度、好きなだけ)
・トマト小×2
・ハムまたはベーコン2枚程度(今回はハム)
・オリーブオイル 適量
・塩、胡椒適量
・粉チーズ適量
ジェノベーゼ具材
<バジルペストソース>
・バジルの葉(よく洗って水けをきる)
・ニンニク 1片みじん切り
・オリーブオイル50cc
・松の実 30g(事前に炒っておく)
・粉チーズ 大さじ3
・レモン汁 適量
※これらの材料をミキサーで砕いてペースト状にします。
手作りジェノバソース

 

【作り方】

①フライパンにオリーブオイルを熱して、ハム(ベーコン)とトマト(1個ざく切り)を中火の弱で炒める。
トマトとハム

②解凍したむき海老をいれて炒める。塩、胡椒で味付け。
③バジルペストソースを大さじ3投入し、残りのトマト(1個ざく切り)を軽く炒め、混ぜあわせる。
ジェノベーゼ投入

④別途茹でておいたパスタ(標準時間よりも30秒短く茹でる)を③へ入れて、混ぜあわせる。
⑤器にもってできあがり! お好みで粉チーズをふって食べてください。

むき海老とトマトのエキスによる、まろやかなソースがからんだジェノヴェーゼ。

これは我ながら美味しかった・・・(余韻)

※飾り付け用のバジルの葉を残しておけばよかった・・・
※トマトは湯むきしておいたほうがよいかも。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク