関西風お好み焼きを美味しくつくるコツ

この記事の所要時間: 153


関西風お好み焼き

だんだん涼しくなってくると食べたくなるのが温かい食べ物・・・

関西人はやはりお好み焼きでしょ! ということでちゃっちゃっとフライパンでつくれる関西風のお好み焼(今回は豚バラ)のご紹介です。 山芋いれず、専用のお好み焼粉がなくてもこれだけの美味しさ。

コツは出し汁少なめでたくさんのキャベツを細かく切ること。 そうすることで汁気が少なくても、まんべんなく出し汁がゆきわたり、キャベツの甘みが感じられるふっくらお好み焼の出来上がり。 
豚バラの焦げてカリットした食感もたまりません。

関西では豚バラのかわりに冬の味覚、牡蠣(かき)をいれますが、こちらもおすすめです。

【材料(2人前;ひとり2枚から3枚程度;計6枚)】

・薄力粉 150g
・昆布出し汁 150cc ※顆粒だし+水で沸かした出汁でOK
・卵 3個(1個50cc換算)
・キャベツ 450-500g (みじん切りにする)
・天かす 適量(なくてもOK)
・むき海老 適量(冷凍でOK、なくてもOK)
・豚バラ肉 1枚あたり2~3枚
・オタフクのお好み焼ソース
<トッピング>
・かつお削り節 適量
・アサツキ 適量(あればよし!今回は買い忘れてつかってません)
・青のり 適量
・紅ショウガ 適量
・マヨネーズ 適量
※お好み焼きの種は枚数を増やすとき、薄力粉1:出し汁1:卵1:キャベツ3と覚えてください。

【作り方】

①大きめのボールに、薄力粉+出し汁+卵を割り入れ、よく混ぜる。
②みじん切りにしたキャベツとむき海老を加えて、よく混ぜあわせる。
③油をひき熱したフライパンに、お好み焼の種②をお玉ですくってまるく広げる(弱火)。
④豚バラをその上に2~3枚並べ、フライパンに蓋をして4分程度蒸し焼きにする。
⑤焼けたらひっくり返してもう片面も同じ時間(4分)焼く。
※焼けたかどうかは竹串をさして種が液状のままかどうかチェックすることで確認。
⑥皿に豚バラのあるほうを上にしておき、お好み焼ソース→マヨネーズ→青のり→削り節→紅ショウガ(&アサツキ)をトッピング。

お好み焼ソースを塗るときはスプーンでのばして万遍なくぬりこみます。
マヨネーズは容器から直接波上に絞り出します。
お好み焼ソース(オタフク風)はケチャップ+ウスターソース+中濃ソース+蜂蜜+醤油でつくれますが、一般的に冷蔵庫にいつも中濃やウスターを常備していない場合のほうが多いと思いますので、やっぱりオタフクが簡単で安上がりかな。

たこ焼きとお好み焼は外で食べることはあまりありません(広島焼ともんじゃ以外は)。
子供の頃から自宅の鉄板焼き器でつくって食べるのが主流でしたし、誰でも簡単に美味しくできるので・・・

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク