フルール・ド・セルでイカのレモン塩カルパッチョ

この記事の所要時間: 14


イカのレモン塩カルパッチョ

今日はの蟹のトマトクリームパスタにあう、さっぱりいただけるカルパッチョをつくってみました。
今回のポイントは伯方の塩さんのモニターでいただいた、フルール・ド・セル(fleur de sel、日本語で塩の花)と言われる大粒の結晶化した天日塩。 通常の塩よりも大粒でカリットした食感が楽しめます。

【材料(2人前)】

・刺身用イカ 1杯
・レモン 1/2個(薄く輪切りを1/2)
・フルール・ド・セル ひとつまみ程度
・乾燥パセリなどのハーブ 適量
・ネギ 1本(薄く小口切り)
・オリーブオイル 大さじ1

【作り方】

①イカをさばき、食べやすい大きさにに削ぎ切りにする。
※残ったゲソや頭部分は小鍋で醤油・みりん・酒で味付して軽く似つけるとよい酒の肴になります。イカ刺しをつくる

②ネギを薄く小口切りにして、水にさらしておく。

ネギ

③お皿に水をよく切ったネギを盛り、その上にイカを並べる。
④薄くスライスしたレモンをイカのあいだに挿しこみつつ並べる。
⑤オリーブオイルを万遍なくかけ、最後に塩をひとつまみかけて出来上がり。イカのレモン塩カルパッチョ2

塩は食べる直前にふりかけること(はやくかけすぎて素材の水分がでてしまうことを防止)。
食べる時はレモンの風味を楽しみつつ、ネギとイカを一緒に食べます。

フルールドセル

塩が決め手の料理レシピ

今回はレシピブログさんのモニターでいただいた伯方の塩さんのフルール・ド・セルを使いました。 
ステーキなどの肉料理やムニエルなどの魚料理、今回のようなカルパッチョなど応用範囲は広いです。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク