栄養価満点の切り干し大根をつくってみた

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 213

おでんの具として使った大根の残りものの有効活用です。
大根のかつら剥きの切れ端を干しネットにいれて数日間、天日干ししてみました。

干し野菜はこれまでゴボウは成功。 うまみが凝縮されており、味噌汁の具材として付け加えるとさらに美味しくなります。 特にキムチとの組み合わせは絶妙。

一方でリンゴは失敗・・・ 干しすぎたのが悪かったのが食べた瞬間、なんか違う感が。リンゴは水分が多かったためかなかなか乾かず、1週間ほど干していました。

もう少し研究してから再度挑戦しようと思います。

切り干し大根

栄養価の比較をしてみました

切り干し大根は、生の皮むき大根に比べると天日干しにより栄養価が凝縮されており、ミネラルやビタミンなどが豊富な食材です。 切り干し大根に含まれている栄養と効能はどの程度あるのでしょうか?

以下、切り干し大根100gと大根生100g当たりの比較をしてみました。

<切り干し大根 100g>   

<生の大根 100g>

エネルギー

 279kcal

 18kcal 

水分

 15.5g

 94.6g

タンパク質

 5.7g

 0.4g

脂質 

 0.5g

 0.1g

炭水化物 

 67.5g

 4.1g

食物繊維 

 20.7g

 1.3g

カルシウム

540mg

 23mg

リン

210mg

 17mg

9.7mg

 0.2mg

ナトリウム

 270mg

 17mg

カリウム

 3200mg

 230mg

マグネシウム

 170mg

 10mg

※参考文献:五訂日本食品標準成分表

このように1回の食事で適量として食べられる切り干し大根を戻した状態の100gと生の大根100gとの栄養価を比較してみると、切り干し大根のほうがより食物繊維やミネラルが多いことがわかります。

食物繊維やビタミンC、カリウム、リン、鉄、ビタミン類、ミネラルを多く含んでいて、生の大根よりも栄養価が高く、ビタミンB1は10倍、B2は10倍、カルシウムは16倍、鉄は32倍で鶏のレバーをも上回ってます。

切り干し大根に含まれる不溶性食物繊維の1つ、リグニンにはガンを予防する効果があると言われています。

またコレステロールを体外に排出して動脈硬化を予防、便秘の改善、美肌にも効果があります。

天日干しにするだけのこの違い、手軽にできる干し野菜をやらない手はないですね。

スポンサーリンク
SNSアイコンテスト
栄養価満点の切り干し大根をつくってみた
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする