LEDで水耕栽培始めました Green Farm水耕栽培日記

この記事の所要時間: 226


水耕栽培GreenFarm購入
先週、ネット通販で購入したLED水耕栽培器 Green Farm UH-A01Eが到着しました。
我が家ではいまでも現役2年経ったサンエイさんのiena(イエナ)、一度も収穫することなく廃棄した水畑につぐ、第3号水耕栽培器になります。

仕組みは簡単で自作も可能ですが、見た目のデザインと3台までスタッキングできることもあり、試しにまず1台購入して試してみることにしました。
参考:Green Farm水耕栽培器カタログ(PDF)

U-ING GreenFarm 水耕栽培器

U-ING GreenFarm 水耕栽培器

定価:¥ 26,784

Amazon価格:¥ 20,682

カテゴリ:Tools & Hardware


本当は有機ハーブ栽培(発注済み)から始めたかったのですが、おまけのレタスの期限が8月末までだったため先行して開始! まずは付属のジェンティリナグリーン(レタス)から育ててみることに。
できあがりイメージはこちら ↓

ジェンティリナグリーン

ジェンティリナグリーン(レタス)は、キク科 アキノノゲシ属のレタスです。
原産地:西アジア、地中海沿岸など。 葉がほとんど巻かず立ったまま育つ、非結球タイプのリーフレタスとのこと。
鮮やかな緑色のミニフリルの葉先を持ち、やわらかな食感が特徴です。

Green Farm開封

早速届いたGreen Farmを開封してみることに。
UH-A01Eは幅544×奥行262×高さ305mmで重さは約5kgあります。 箱は少し大き目なのですが開封してみると意外と小ぶりなのでそれほど設置場所には困らないかと思います。

Green Farm 開封

同梱物は、本体、栽培ケース、苗床パネル、苗床フタ(17個)、水位フロート、フロートカバー、エアチューブ、エアストーンがすでに組立られており、2台目以降は付属ネジ(4本、重ね置き用)でスタッキングした箇所をとめるようになっています。
その他専用のACアダプターと電源コード、レタスの種1回分と液肥1本、培地スポンジからなるお試し種子キットがついています。

Green Farm 同梱物

お試し種子キットはこちら。30ml計量できるカップと液肥、ジェンティナグリーン(レタス)が15種、培地スポンジ15個。
液肥は1回目でほとんど使い切ってしまう程度の量です。
お試し種子キット

ちなみに液肥は、大塚アグリテクノさんの液肥でした。
私は次回以降はienaでも使っているハイポニカの液肥A+Bを混合して使う予定です。この場合、3リットルでキャップ各1だったので、Green Farmでもその配分で追加していきます。
Green Farmは4リットルですが、残り液肥水1リットルになった段階で水3リットル+液肥(ハイポニカ)各キャップ1を追加すればよいことになります。

液肥

お試し種子キットの種の有効期限は今年8月。 期限を過ぎると発芽率がさがります。

お試し種子キットの種

U-ING GreenFarm 水耕栽培器

U-ING GreenFarm 水耕栽培器

定価:¥ 26,784

Amazon価格:¥ 20,682

カテゴリ:Tools & Hardware


次回はレタスの種子をセットしてLED水耕栽培を開始します。

ベランダ栽培近況

白いモッコウバラがついに開花。 鉢植えだとなかなか大きくならないのですが、より大きなサイズに植え替えたことにより、ベランダ鉢植えでもここ数年は開花するようになりました。
モッコウバラ開花

水耕栽培1号のiena(イエナ)もそろそろ終盤。 1月以降、かなり収穫できたので満足です。 春以降は虫が多くつくので、栽培は秋までいったん中断します。

ienaサラダ菜終盤

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク