フライパンであっという間にできる大学芋

この記事の所要時間: 049

サツマイモ大学芋

1本100円で買ったサツマイモが冷蔵庫に眠っていたので、1/4をつかって大学芋をつくってみました。
フライパン1つでできるので調理後の片づけも簡単です。

【材料(2人前)】
・サツマイモ 300g目安
・サラダ油 大さじ3
・黒ゴマ 適量
・醤油 小さじ1/3
・三温糖 大さじ3
・お酢 小さじ1/3
・水 少々

【作り方】
①サツマイモはよく洗って皮についた汚れをよく取り除いておく。
②サツマイモを食べやすい大きさに乱切りにして水にさらしておく。15分から30分。
③フライパンにサラダ油、醤油、お酢、三温糖、水を一緒にいれ、その上にキッチンペーパーなどで水気をよくふきとったサツマイモを並べて蓋をして温める。
④沸騰してきたら、フライパンをこきざみゆらしながら熱する(約2分程度)
⑤いったんサツマイモを裏返し、④をあと2回繰り返す。
⑥竹串でサツマイモをさして、すっと入る程度になったらできあがり。
⑦器にもり、熱いうちに黒ゴマをふりかける。

大学芋は揚げてつくる工程があるので面倒ですが、このレシピならばその手間もいらず、簡単で本格的な味の大学芋をつくれてしまうのでおすすめです。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク