Green FarmでLED水耕栽培日記 ハーブ発芽中

この記事の所要時間: 11

Green farm
水耕栽培器のGreen Farmでの第二期はハーブを育てることにしました。
純正の種子、培地スポンジ、液肥は使わず、もうひとつの水耕栽培器と同じものを使っての試みとなります。
オリジナルの種子はちょっと高くて野菜の収穫量で考えると個人的にはわりにあいません。
もちろん消耗品で儲けるビジネスモデルなのでメーカーサイドにたてば納得はできるのですが。。。

仕込みからちょうど約1週間経過しましたが、なかなか発芽せず焦っていたところ、この週末に順次発芽してきました。

もっとも生育の良いバジル。
Green farm ここ数日でひょろひょろと発芽しているディル。
Green farm コリアンダーとイタリアンパセリの一部もようやく発芽。
Green farm
Green farm
ここ数日間でようやくバジル続いて、ディルとコリアンダーの一部が発芽しました。
イタリアンパセリはいまいちな状況だったので、別途コリアンダーとイタリアンパセリは卵パックをつかって発芽させることにしました。

培地スポンジ
使う道具は小皿と竹串。
竹串の先端を濡らしつつ、小皿にいれた種をひとつずつつけてスポンジへ植え付けます。
ちなみに、こちらのちょっとしたテクニック?は水耕栽培で有名な伊藤龍三さんの本で紹介されています。
ネットでもこの種の情報はみることができますが、リファレンスとしては水耕栽培ビギナーにはおすすめの著書です。

培地スポンジ
最後に乾燥を防ぐためにラップをまいて陽のあたる窓際へ。
発芽までしばらく様子見です。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク