フライパンでできる絶品ローストビーフを山葵で食す

この記事の所要時間: 140


ローストビーフ

昨晩は牛のもも肉がお買い得だったこともあり、ローストビーフをつくってみました。
オーブンで焼くのも本格的な感じがしますが、フライパン1つあれば十分美味しくつくれるものです。

ポイントは最初にしっかり牛肉の表面を焼くことでうま味を凝縮、中に閉じ込めます。そしてローストビーフの味付に使うタレには、ぜひウスターソースを。

しっかりと味がつくので、別途つける用ソースはいりません。
お肉を食べようと口にもっていくと、ほんのりウスターの程よい香りが漂います。

それだけでも食べることもできますが、私はわさびをちょっとだけつけて食べました。
わさびが良いスパイスになって、ひきしまります。
白いご飯にもパンにもあいますね。

意外と調理時間も短く、使う調味料も種類が少ないのでおすすめです。

【材料(2~3人前)】
・牛もも肉 300g
・塩、黒胡椒、ニンニクのすりおろし 少々
・ウスターソース 大さじ3
・醤油 100cc
・調理酒 100cc
・サラダ油

【作り方】
①牛肉の型崩れを防止するために、たこ糸でしばります。
②牛肉に塩、黒胡椒、ニンニクのすりおろしをまんべんなく擦り込み、約15分程度常温でおきます。

ローストビーフ

③フライパンにサラダ油を熱して、②の牛肉をたこ糸をつけたまま焼きます。
全体的にこんがりと焦げ色がつくように各面をまわし焼きます。菜箸などでおさえつけて焼くとよいです。
④全体的に焼き色がついたら、ウスターソース、調理酒、ウスターソースを混ぜたソースをフライパンにいれて沸騰させます。

↓ お気に入りのOXOの軽量カップ(中サイズ)です。上からのぞけて量が一目瞭然なのがすごく便利です。
調理酒100cc+醤油100ccを順にいれて、最後にウスターソース大さじ3。
※別途レビュー予定

ローストビーフ

沸騰後、肉全体をまわしながらソースをなじませるように煮ます(弱火で約5分程度)。この際スプーンでソースをかけながら煮ると効率的かも。

ローストビーフ

⑤全体的になじんだた、火を止めてそのまま冷まします。冷ます途中で何度か牛肉を転がしてソースがしみこませます。
⑥冷めたら(約30分程度)、牛肉をとりだして、たこ糸をほどき、薄くスライスして大皿にならべて出来上がり!

お好みでわさびやゆず胡椒でどうぞ。

OXO 計量カップ アングルドメジャーカップ 中 500ml 1114980

OXO 計量カップ アングルドメジャーカップ 中 500ml 1114980

定価:¥ 1,512

Amazon価格:¥ 1,377

カテゴリ:ホーム&キッチン


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク