夏丼 バジルマヨネーズが新鮮な、カリカリ豚マヨ丼

この記事の所要時間: 124

夏丼 カリカリ豚マヨご飯

今晩は簡単ワンプレート晩御飯、海老マヨならぬ、「豚マヨ丼」です。
ゴーヤ、オクラ、トマトといった夏野菜をそえて、栄養たっぷり元気もりもりな丼で、男子ごはんにも最適。

レモン塩で有名な料理研究家の井澤由美子先生のレシピからトライしてみました。

ポイントは自家製のフレッシュなバジルをたくさんいれたバジルマヨネーズソース。
バジルがない場合は、大葉や茗荷、柚子胡椒をマヨネーズに混ぜてもOKとのこと。

バジルマヨでいっきにカフェ飯っぽくなります。

またカリカリに丸めて焼いた豚肉がボリューム感たっぷり、大満足です。

スポンサーリンク

カリカリ豚マヨ丼の作り方

今回、ご飯にはもち麦米を白米に混ぜたものを、野菜はトマトとオクラをオプションで添えています。

【材料(2人前)】
・豚ロース肉(薄切り) 230g
・ゴーヤー 80g
・サニーレタス 3~4枚
・トマト 1個
・オクラ 2本
・ご飯(温かいもの) 茶わん2杯分
【バジルマヨネーズソース】
・バジル(みじん切り) 4枚分
・マヨネーズ 大さじ3+1/2
・砂糖 小さじ1
・酢 小さじ1
【その他】
・白ごま 大さじ1
・塩 少々
・胡椒 少々
・片栗粉 適量
・サラダ油 適量

【作り方】
①豚ロース肉に塩・胡椒を少々ふりかけ、手でつまんで丸くまとめて、片栗粉を薄くまぶす。
②ゴーヤーは縦半分に切り、種とワタを取って5~6mm厚さに切り、塩少々をふって軽くもむ。
③レタスは食べやすい大きさにちぎる。 トマトはお好みの大きさに切り、茹でたオクラは縦半分に切る。
④フライパンを中火で熱し、サラダ油大さじ2を入れる。①の豚ロース肉を巻き終わりを下側にして並べて焼く。
焼き色がついたら返して火を通す。
⑤器にちぎったレタスを敷き、ご飯をのせる。④の豚肉とゴーヤー、トマト、オクラを飾り付ける。
⑥最後に事前に混ぜ合わせておいたバジルマヨネーズソースを豚肉にかけて、白ごまを散らして出来上がり。

食欲のない夏でもさっぱりすっきりいただけるのでおススメです。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク