夏カレー ヨーグルトソースが食欲をそそる新感覚のレモンドライカレー

この記事の所要時間: 135

レモンドライカレー

はじめて食べた時の驚き。ヨーグルトソースがドライカレーにこれほどあうとは思いませんでした。
カレーにはラッシーがあうので考えてみれば、当たり前なのかもしれませんが、うだる暑さの夏にはぴったりのスッキリ感を味わえます。

それに加えて、レモンの酸味も辛いカレーに抜群にマッチ。
今回のようにカレーの具材に混ぜ込むのではなく、レモンの皮(国産に限る)をさっと削ってふりかけるだけでも、普段のカレーがよりグレードアップして美味しくなりますのでおすすめです。

スポンサーリンク

レモンドライカレーの作り方

【材料(2人前)】
・合挽き肉 250~300g
・玉ねぎ 1/2コ (みじん切り)
・ミックスビーンズ(水煮されたもの、60g)
・赤とうがらし 2本分 (小口切り)
・レモン果汁 大さじ1
・生姜小さじ1 (すりおろす)
・カレールー 30g (粗みじん切り)
・ご飯 2杯分(食べるだけ)
・彩り用の夏野菜としてインゲンまたはオクラ 4本(塩ゆでしたもの)
・オリーブ油
・塩
<ヨーグルトチリソース>
・プレーンヨーグルト 大さじ4
・たまねぎ 大さじ1(みじん切り)
・赤とうがらし 1本分(みじん切り) ※辛いのが苦手な人は、なくても可(今回はいれていません)
・塩 ひとつまみ
・レモン果汁 少々

【作り方】
①フライパンにオリーブ油大さじ1、赤とうがらしを入れて中火で熱し、玉ねぎをを加えてしんなりするまで炒める。
②合挽き肉を加えて炒める。半分程度色が変わったら塩小さじ1/2をふり、合挽き肉がポロポロ状態にになるまで炒める。ミックスビーンズも投入して軽く混ぜ合わせる。
③おろし生姜に水大さじ1を混ぜて加え、水分をとばすように炒める。
④砕いて粗みじんにしたカレールーを加えて炒め合わせる。なじんだらレモン果汁を大さじ1加えて混ぜる。
⑤お皿にご飯を盛り、⑤をかけて、インゲンまたはオクラを添える。
⑥最後にヨーグルトソースをかけてできあがり。

ヨーグルトソースをドライカレーに混ぜつつ、がっつりご飯と一緒にかきこんでください。
ドライカレーが残ったら、翌日のトーストにのせて焼いてもGood!
グリーンサラダのアクセントにもあいますよ。

インデアンカレー カレー粉 160g

インデアンカレー カレー粉 160g

Amazon価格:¥ 672

カテゴリ:食品&飲料


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク