フィンランドのブルーベリーヨーグルト味のチョコパイを試食「世界のチョコパイ紀行」より

この記事の所要時間: 146


チョコパイ フィンランド

コンビニでレジに並んでいると、気になるパッケージが。。。

「チョコパイ〈ブルーベリーヨーグルトパイ味〉」 フィンランドの家庭から。

ベリー類が収穫される夏季にフィンランドの家庭で作られる定番スイーツの「ムスティッカピーラッカ(Mustikkapiirakka)」(ブルーベリーとヨーグルトのパイ)をイメージしたチョコパイが6月から夏限定で販売されていました。

「世界のチョコパイ紀行」は、世界のおいしいスイーツや、ドリンクの味わいをチョコパイにアレンジした限定シリーズです。
私は知りませんでしたが、既にシリーズ第5弾だそう。ロッテのチョコパイは昨年30周年だったようで、その記念シリーズです。

ちなみに第1弾は、アメリカのニューヨークチーズケーキ(ニューヨークチーズケーキ風クリーム+ブラックココアケーキ)2013年3月~6月、
第2弾はフランスのクレーム・カラメル(カスタードクリーム+カラメル)2013年6月~8月、
第3弾はイタリアのカプチーノ(カプチーノクリーム+ミルクソース)2013年8月~10月、
第4弾はオーストリアのザッハトルテ(ココアクリーム+アプリコットジャム)2014年3月~5月。

思わず手に取りました。

通常サイズの大きな箱でも販売されているようですが、コンビニ用のちょい菓子パッケージがありました。
2個入りだから、太らないか。。。とまんまと作戦にはまった私です。
一応カロリーチェック。

チョコパイ フィンランド

チョコパイ1個あたり、170kcal! ・・・ 2個で340kcal ・・・ まずは気にしないで食べてみることに ・・・

スポンサーリンク

さて実食です。

パイをふたつに割ると、ヨーグルトクリームとブルーベリージャムをソフトケーキでサンドしています。

まわりにチョコレートでしっかりコーティング。

クリームの酸味がほどよく、チョコの甘さをまろやかにしていて、さっぱりしたチョコパイです。

こちらの写真ではヨーグルトクリームしかみえませんが、

チョコパイ フィンランド

こちらにはブルーベリージャムがしっかりサンドされています。

チョコパイ フィンランド

総評:★☆☆☆☆
確かにクリームは酸味があって美味しい。ただされどチョコパイ。チョコパイ以上チョコパイ未満でもない。

ちなみに、この「世界のチョコパイ紀行」のターゲットは40代主婦だそうですが、わたくしはまんまと策略にのせられて買ってしまいました。
8月までの期間限定ということで、あとわずかですがまだ間に合いますので、もし興味あればコンビニへ。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク