即席!トムヤムクンヌードル あまりにも本格的な味わいで驚きます

この記事の所要時間: 23

トムヤムクンヌードル

本日の関東圏は都心でも積雪が予想されるなど、極寒の1日。
こんな日は自宅にこもって、温かい麺を食べて体をほっこりさせたいもの。

ということで、本日は自宅にあったサッポロ一番塩ラーメンを使って即席トムヤンクンヌードル(トムヤムヌードル)をつくってみました。
自宅の水耕栽培で育てたチャイニーズパセリも活用します。

レシピはレシピブログのいくみさんのものを参考に、自宅で育てた乾燥レモングラスと干し海老を少々プラス。
また前回の麻婆豆腐の時のように肝心の調味料(コチュジャン)を切らしていましたので、代用品でアレンジしました。あと海老はなかったので、ウィンナー(代用になってない・・・^-^;)と干し海老を旨味成分として使いました。

食べてびっくり!・・・塩ラーメンの粉末スープの辛さを考慮して調整された調味料の配合比率が、その美味しさの秘訣なんでしょうね。

スポンサーリンク

本格的なトムヤムクンヌードル。

【材料(2人前)】

・サッポロ一番塩ラーメン ×2袋

・チャイニーズパセリ お好みの量(6本)

・ウィンナー 4本

・玉ねぎ 1/2くし切り

・しめじ 1/4房

<スープ>

・お水 800cc

・牛乳 200cc

・コチュジャン 大さじ2★今回切らしていたので豆板醤と味噌を1:1の割合で調合

・乾燥レモングラス お好みで

・レモン汁 大さじ2

・ナンプラー 小さじ2

・砂糖 小さじ2

・干し海老 お好みで一掴み程度

・サッポロ一番についている粉末スープ×2袋

【作り方】

①鍋に水800ccとコチュジャン(豆板醤+味噌)大さじ2をいれて沸騰させる。

②沸騰したら、牛乳とレモングラスを投入、干し海老もひとつかみだけ加えて沸騰させる。ウィンナーもこの時投入。

③レモングラスを取り除いた後、サッポロ一番の乾麺を加えて2分煮てほぐしつつ、しめじ、玉ねぎを加えて火を通す。

④③にレモン汁大さじ2、ナンプラー小さじ2、砂糖小さじ2を加え弱火して、最後にサッポロ一番の粉末スープを加えてよく混ぜ合わせて火を止める。

⑤器に麺とスープをいれ、最後に具材をのせて、チャイニーズパセリを飾りつければ出来上がり。

スポンサーリンク

【ご参考】コチュジャンがない場合の代用品は?

前回のマーボー豆腐の時は甜麺醤がなく、味噌を代用しましたが、今回はコチュジャンです。

コチュジャンは、豆板醤と甜麺醤を1:1で配合することで代用調味料をつくることができます。
今回は豆板醤は冷蔵庫にあったので、甜麺醤を配合すればよく、甜麺醤の代用の味噌を使うことでコチュジャンをつくることができます。

甜麺醤は味噌だけでもよいですが、味噌小さじ1に対して醤油小さじ1/2+砂糖小さじ1/2で甘くすることでより近くなります。

<代用調味料のまとめ>

・豆板醤:味噌 大さじ1+ごま油 小さじ1+醤油 小さじ1+唐辛子1本(一味・七味を小さじ1/2)

・甜麺醤:味噌(味噌小さじ1+醤油小さじ1/2+砂糖小さじ1/2)

・コチュジャン:豆板醤+甜麺醤

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク