【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

田中平助商店 小鯛の笹漬けを使って関西風押し寿司をつくる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小鯛の笹漬け押し寿司

若狭にある老舗、田中平助商店の「小鯛の笹漬け」なくしては、我が家の正月は始まりません。

昆布風味の肉厚のある小鯛をそのまま山葵醤油をつけて食すのもよいのですが、押し寿司(箱寿司)にして食べるのがとても気にいっています。

にぎり寿司の江戸前寿司に対して、押し寿司(箱寿司)の起源は「食」の大阪だそうで、関西人の私は子供の頃から押し寿司をなにかと食べる機会が多かったと記憶しています。
鯖の押し寿司である、バッテラ。アナゴの押し寿司、奈良吉野名物である柿の葉寿司などなど・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?

押し寿司の作り方

押し寿司にするためには、檜の押し寿司型が必要です。

もちろん小鯛の笹漬け以外にも、しめ鯖や鯵などのお造りなどをつかっても同様に美味しい押し寿司をつくることができるので1つあるとご自宅にあると便利です。

今では包丁の切れ目がはいった押し寿司型もあるので、誰でも簡単にきれいな形状をした押し寿司をつくることができますよ。
プラスチック製よりも檜でつくられた押し型をおすすめします。

押し寿司は、押し寿司型にまず酢飯をつめてから、その上に具を重ね、圧力をかけて隙間をぎゅっと詰めます。
事前に押し寿司型を酢水または水につけておくと、酢飯が包丁や押し型にくっつきづらくなるので、調理しやすくなるのでお忘れなく。

小鯛の笹漬けの詳しい作り方はこちらの記事を参考にしてください。

田中平助商店の小鯛の笹漬けで押し寿司をつくる
若狭目物、田中平助商店の小鯛の笹漬けは正月には欠かせません。 祖父が生存していたときから食べ続けている味です。 今年も田中平助商店からFAXで注文して取り寄せました。 ※ちなみにお取り寄せは11月末までにするのが無難。 お歳暮としても...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。