【レビュー】 Panasonic SDカードリーダー BN-SDWBP3 外出先で無線で写真をバックアップ・友達ともシェアできるコンパクトサーバ

この記事の所要時間: 355


SDカードリーダー

PanasonicさんからSDカードリーダーBN-SDWBP3のモニターレビューをする機会をいただきました。
SDカードリーダーは各社から様々な仕様のものがでていますが、BN-SDWBP3はSDカードスロットにSDカード(microSDカードの場合は写真のようにアダプターを装着することで利用可能)を差し込むことで、外部ストレージとして利用することはできます。

パナソニック Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

パナソニック Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

中古価格: ¥ 3,480 より

Amazon価格:¥ 2,635

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2014-05-23


スポンサーリンク

BN-SDWBP3の仕様をチェック!

本体サイズは非常にコンパクト!

本体の重さはたったの約47gです。
また本体サイズは約90×56×9.7mmと小さく、名刺ケースと同じくポケットにいれてもまったく気にならない大きさです。

▼Xperiaと重ねてみました。
SDカードリーダー

使えるSDカード容量 差し替えで容量は無限大!?

使えるSDカードはSDXCであれば最大128GBまで、SDHCは32GBまで、microSDXCは64GB、microSDHCは32GBまでとなっています。
※その他カードについては仕様をご確認ください。

今回は手持ちのTranscendのmicroSDHCカード32GBをアダプターをつけて装着してみました。

バッテリー持ち時間 不足分はモバイルバッテリーで補う

バッテリーは3.6V/690mAhのリチウムイオン。2時間半の充電で約1時間40分の連続使用とやや短めです。
ただ本体の重さが約47g、サイズが90×56×9.7mmと軽量コンパクト設計のため、トレードオフという関係でしょうか。

もちろん付属のUSBケーブルを使って充電しながら使えるので自宅であれば心配ありません。
またモバイルバッテリーがあれば給電しながら外出先でも使えます。

SDカードリーダー

▼同梱物はUSBケーブル(給電用)と本体、説明書のみ。
残念ながらUSBケーブルは給電のみで、例えばPCのUSBポートに接続して直接アクセスすることはできません。

SDカードリーダー

専用アプリ以外にもWebDAV対応アプリがOK!

iPhone 6, Xperia SOL22, Nexus 7(2013)で無料の専用アプリ、「Wi-Fiカードリーダー」をインストールすることで、BN-SDWBP3にアクセスすることができます。
専用アプリケーション以外にも、iPhoneで人気のGoodReaderをはじめ、WebDAV対応アプリからデータの読み込みと書き込みが可能です。
詳しくはこちら公式サイトの接続確認済みアプリリストをご覧ください。

Wi-Fiカードリーダー
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

▼Android OSのXperiaとNexus7ではNFCにより簡単設定で、かざすと自動でペアリングして接続されました。
iPhone 6であれば接続するまでのプロセスが必要なので、NFCはとても便利ですね。
普段はiOS使いの私ですが、NFCの簡単接続機能はとてもうらやましい。

SDカードリーダー

▼iPhone6のカメラロールにあった写真をBN-SDWBP3へバックアップ。
それをiPhone6とNexus7の専用アプリから閲覧しています。

このように最大5台の複数のデバイスから同時にWi-Fi経由でアクセスすることが可能です(アクセスポイントモード)。
もちろん本体へ直接接続するアクセスポイントモード(Wi-Fi経由のインターネットは使えません)ではなく、本体を家庭内無線LANに接続して、相互アクセスすることもできます。

SDカードリーダー

PCへの同期も可能

またユニークとしては、本体とPCを接続して自動で同期する機能。
例えば外出先でBN-SDWBP3本体にコピーした写真を帰宅後は自動でPCへバックアップする等の使い方もできます。

ただしPCに「同期ユーティリティ」をインストールして常駐させておく必要があります。

スポンサーリンク

BN-SDWBP3のまとめ

以上、スマホに撮りだめた写真をバックアップして他デバイスで共有する使い方を中心にみてきました。

最近ではDropobox,Onedrive,Googledrive等のクラウドのストレージサービスでバックアップ・シェアが可能ですが、写真をアップロードするためにはネットワークの転送量が大きくなりがちです。
旅先などでネットワーク環境にない場合は、特に威力を発揮するデバイスだと思いました。
例えば外出先でiPhone 6で写真を撮りすぎて本体のストレージが逼迫した場合、iPhone 6本体のカメラロールの写真をSDカードへ無線でコピーして、本体からは削除して容量を確保するなどの使い方が想定されます。

総じて、良かった点としては、

・Wi-Fi経由でケーブルレスで保存、読み込みができるのでストレスフリー

・ポケットにいれても気にならないコンパクト軽量設計。いつでも持ち運びができるモビリティー性

・SDカードを入れ替えれば、容量は無限大。
 場合によっては相手にデータのはいったSDカードを渡せばよい。

・専用アプリ以外でも使える。

・意外と転送スピードが速くて快適だった。
(こまめにバックアップする分には気にならない転送速度)

逆に改善してほしい点としては、

・バッテリーの容量

・USBケーブルをデータ転送にも使えるようにしてほしい。
(PCへのUSBダイレクト接続でも使いたい)

の2点でしょうか。

自宅や外出先でコンパクトなサーバがわりに使ったり、ユーザーによって使い方にバリエーションがでてくるので、ユニークな商品だと思います。

パナソニック Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

パナソニック Wi-Fi SDカードリーダーライター BN-SDWBP3

中古価格: ¥ 3,480 より

Amazon価格:¥ 2,635

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2014-05-23


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク