雛祭りを祝うお料理 雛いなり寿司 土井先生の油揚げの炊いたんを使ったレシピ

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 250


雛いなり寿司

3月3日は雛祭り。 子どもの頃から男子なのに雛祭りは大好きでした。
というのも、美味しいご馳走が食卓に並ぶから・・・

甘酒、菱餅、ひなあられ。思う存分食べることができる、雛祭りは毎年待ち遠しくて待ち遠しくて。
そして雛祭りが終われば、5月の端午の節句。
端午の節句といえば、柏餅、ちまき・・・

本当に食べることばかり考えている子供でしたね。^-^;

今回は雛祭りということで、いなり寿司を雛祭りテイストに飾り付けてみました。
おいなりさんは土井先生のレシピ、「油揚げの炊いたん」です。

スポンサーリンク

雛いなり寿司の作り方

油揚げの炊いたん by 土井先生

【材料(16枚分)】

・油揚げ 長方形8枚を半分に切って16枚(土井先生の油揚げはすし揚げと呼ばれる正方形のものでしたが、関東ではみつからず長方形をつかって半分にしてみました)
・だし カップ2
・砂糖 大さじ6
・醤油 大さじ3

【作り方】

①鍋に湯を沸かして油揚げを入れる。落としぶたをして強火で10~12分間煮立て、油抜きをする。あとで調味料がよくしみ込むように、強めの火加減で、余分な油をしっかりと抜く。

②落とし蓋で中身を押さえ、湯をきる。油揚げが柔らかくなっているので、破らないように注意する。

③いなり寿司に使うとき、すし飯が詰めやすいように、落とし蓋の上に取り出して、軽く形を整えた上で、鍋に並べ入れるとよい。

④だしと砂糖を加え、再び落としぶたをして中火で7~8分間煮る。

⑤醤油を加えて、落とし蓋をして弱火でゆっくりと約30分間、煮汁がだいたいなくなるまで煮る。その後、火を止めて、落とし蓋をしたまま冷ます。

雛いなり寿司(土井先生のおいなりさんをトッピングでアレンジ!)

【材料】

・油揚げの炊いたん by 土井先生(上記レシピ)
・米 カップ2(400ml)

<合わせ酢>
・米酢 カップ1/3
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1

・白ゴマ 大さじ1
・柚子の皮 1個分
・柚子のしぼり汁 適量
・紅ショウガ

<トッピング>
・いくら
・錦糸卵
・いんげん
・味付椎茸
・茹で海老(半分にスライス)

【作り方】

<すし飯をつくる>

①米は洗ってざるに上げ、30~40分間おく(洗い米)。計量カップで量って炊飯器に入れて、それより1割引きの水を加えて堅めに炊く。

②合わせ酢の材料を鍋に合わせて弱火にかけ、混ぜながら砂糖を溶かし、火から下ろす。

③固く絞った布巾で盤台の内側を拭き、炊きたてのご飯を移す。熱いうちに合わせ酢を回しかけ、うちわであおいで冷ましながら、しゃもじで切るようにサックリと混ぜる。

④合わせ酢がなじんで粗熱が取れたら、一か所にまとめ、固く絞ったさらしの布巾をかぶせておく。

⑤冷めたら白ごまをふり、柚子の皮の黄色い表面だけをすりおろして割り箸で散らし、サックリと混ぜる。味をみながら柚子の搾り汁を加える。

⑥片手に固く絞ったさらしの布巾をかぶせ、反対側の手に油揚げの煮汁(手水)をつけて、⑤を軽くにぎって丸める。

<油揚げにつめる>

⑦油揚げの炊いたんは、落としぶたの上に数枚ずつ重ねてしゃもじではさんで煮汁をきる(煮汁は⑥の手水に加える)。

⑧長方形の油揚げを真ん中で半分に切り、数枚ずつ両手でギュッとはさんで、もう一度汁けをきる。

⑨破らないようにして袋状に開き、クルリと裏返しておく。

⑩油揚げの口(端側)をくるりと反転させて、⑥を油揚げに入れ、指でギュッと押して隅まで詰め、上に御好みでトッピングで飾り付けて出来上がり。
※今回は油揚げの表と裏をそれぞれ裏返して2バージョンつくりました。

スポンサーリンク

雛祭りということで・・・

雛人形

クロスステッチの雛人形、お内裏様とお姫様。毎年我が家ではこの時期飾ります。妻の作品。

雛人形クロスステッチ

甘酒

大好物の甘酒。これなくして雛祭りは語れません!

今年は、マルコメ味噌の「のむ糀 甘酒」をセレクト。無加糖、アルコール度数0%。
とはいえ、「糀」本来の甘さなのかほんのりと上品な甘味がある美味しい甘酒です。これかなりおいしいのでオススメ。

甘酒

スポンサーリンク
SNSアイコンテスト
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする