水耕栽培プチトマト「アイコ」が開花・着果しました

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 132


水耕栽培 トマト

ベランダ水耕栽培を楽しんでいるdalahastです。

5月上旬に仕込んだプチトマトのアイコもぐんぐん成長。高さも1m20㎝程度までに伸びて、たくさんの黄色の花が開花。
一部のプチトマト(ねね等)以外、着果するためには受粉処理をしないとなかなか実をつけづらいとのことで、早速、受粉処理をやってみます。

市販のホルモン剤(トマトーン)を使えば確実に着果するようですが、今回はシンプルに「振動受粉」+「花を指でつまむ」で受粉しました。
一般的には風が吹いたり、飛来する虫たちを媒介することでトマトは着果するのですが、いかんせんベランダで且つ防虫ネットもがっているので人工的に授粉する必要があります。

トマトの花は「雌雄同花(しゆうどうか)」で1つの花に雌しべと雄しべがついているので、花をつまんだり、指で振動させて揺らすことで受粉できます。

1つめの房に小さなプチトマトの実が3つほど着果しました。

水耕栽培 トマト

3週間ほどでここまで育つとは、水耕栽培の効果はすごいです。成長過多が少し心配になってきました・・・
たくさん収穫したこともあり、「つるおろし」をするために、どのタイミングでツルをまきはじめたらいいのか悩み中。

水耕栽培 トマト

これまでのプチトマト水耕栽培の記事はこちら。

プチトマトの水耕栽培をはじめました イエナで水耕栽培記録
これまでイエナを使った水耕栽培ではサラダ菜、ほうれん草、クレソンといった葉物野菜だけだったのですが、今回初めて果菜をやってみることに...
プチトマトの水耕栽培 防虫ネット自作して枝誘引準備も完了
先日、プチトマト「アイコ」の水耕栽培を開始しました。水耕栽培では初めての果菜です。プチトマトの種類はフルーツのような甘いアイコに決定...

スポンサーリンク
SNSアイコンテスト
水耕栽培プチトマト「アイコ」が開花・着果しました
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする