【レビュー】しなやかで扱いやすく、耐久性のあるナイロン製編込みケーブル Anker第2世代ライトニングUSBケーブル

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 226


Ankerケーブル

今回Ankerの第2世代ライトニングUSBケーブルをレビューする機会をいただきました。

これまでApple純正、ソフトバンク製、Amazon製に加えてAnkerの旧ライトニングUSBケーブルも使っていましたが、やはりナイロン製の編み込みケーブルは普段の持ち運びや使用頻度を考えると頑丈で安心です。

また編み込みタイプにも関わらず、ケーブルはとてもしなやかで扱いやすく、USBコネクタの端子側も以前よりはコンパクトになってかさばらないのが良いです。

▼高耐久ナイロンケーブルが特徴の第2世代ライトニングUSBケーブル。ナイロンといってもごわごわせず、非常にしなやか。

Ankerケーブル

▼長時間つかってみて、ナイロン部分が毛羽立つのかどうか検証もしてみたい。

Ankerケーブル

この第2世代も旧Ankerケーブルと同様に、コネクターの根元がしっかりと保護されているため、多少雑に扱っても損傷することはなく、これまで断線することなく使えています。

この手のケーブルは意外とケーブル端子の根本がちぎれてしまって断線するケースが多いので、この仕様は気に入っています。

▼ライトニング端子とUSB端子のアップ。ケーブルの根元がしっかりしているので、裂傷などによる断線のリスクが軽減されている仕様です。

Ankerケーブル

愛用するAnkerの第1世代と第2世代の比較です。長さは同じ0.9m。

Ankerケーブル

▼USBコネクタの根元が約1/2程度になっている。短くなっても変わらず、抜き差しもしやすい。

Ankerケーブル

私が使っているのは0.9mですが長さも1.8mも用意されているので、用途に応じて使い分けできます。
カラーもスペースグレー、ホワイト、ゴールドの3色展開でご自身のiPhoneのカラーにあわせたケーブルを選ぶことができます。

個人的には机まわりや鞄にいれて外出先で使うため、0.9mの長さがちょうど良いサイズですね。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.