甘辛ソースが癖になる!チキンとピーマンのコチュジャンソテー 種とワタも一緒に調理で栄養価満点!

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 141

チキンとパプリカのコチュジャンソテー

夏の野菜の代表格、ピーマン。
緑のピーマンと赤ピーマンをつかった彩りよい炒め物です。

赤ピーマンはパプリカちは違って、熟したピーマンです。
通常の緑のピーマンは熟す前に収穫するためより食感があり、苦みがありますが、赤ピーマンは熟してから収穫したものでやや甘味があります。

ピーマンはパプリカほどではないですが、ビタミンCが豊富に含まれているため、体にもいいことづくめ。
緑のピーマン1個にはおよそ80mgのビタミンCが含まれていますが、これは実にレモンと同等以上の含有量です。

ピーマンは甘辛い味付けにはよくあいますが、炒めることと苦みが和らぎ、よりジューシーに、そして甘味がさらに増します。
ピーマンに含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくい特徴があるので、栄養価もそのまま、炒め料理には活用したい食材ですね。

今回は血液サラサラ、血行促進効果のあるピーマンのワタと種まで一緒にいただきます。

スポンサーリンク

チキンとパプリカのコチュジャンソテーのレシピ

【材料(2人分)】

・緑ピーマン 2個
・赤ピーマン 3個
・鶏もも肉 (小)1枚(200g)
・きのこ(舞茸など、一口大に) 1/2パック

・にんにく(おろし)1片分

<ソース>
・塩 少々

・酒 大さじ2
・水 大さじ3
・しょうゆ 大さじ1
・コチュジャン 大さじ1

【作り方】

1.ピーマンはヘタと種をつけたまま、縦半分に切る。

2.鶏肉は余分な脂肪を除き、3cm角程度の食べやすいサイズに切っておく。

3.フライパンに鶏肉を皮を下にして並べ入れ、約2分間焼く。さらに裏返して約2分間焼く。

4.にんにく、ピーマン、きのこを加えて1~2分間炒め、酒、水を加えてフタをし、中火で3分煮る。

5.ピーマンのヘタの部分が柔らかくなったら、しょうゆとコチュジャンを入れて混ぜ、水分を飛ばす。器に盛りつけて出来上がり。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.