ひんやりスイーツ!豆腐わらび餅 もちもち食感が癖になるヘルシーデザート

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 142


豆腐わらび餅

豆腐スイーツの第3弾。今日の食後のデザートは豆腐でつくったわらび餅風スイーツです。

きな粉をたっぷりまぶして、黒蜜をたっぷりかけていただく、意外とびっくり!な本格的な味とわらび餅風の弾力感。

片栗粉をいれることでもちもち食感を再現しています。

これまでつくったヘルシーな豆腐スイーツの「豆腐ドーナツ」、豆腐を寒天で閉じ込めた「玲瓏豆腐」はいずれもわが家では合格点。

こちらもぜひぜひ。

フライパンでつくる、簡単でヘルシーな豆腐ドーナツのレシピ
自宅でつくる簡単おやつ。本日はお菓子づくりで有名な料理家、なかしましほさんの豆腐を使ったヘルシードーナツです。 油をつかって揚げる...
玲瓏豆腐(こおりとうふ)夏にぴったりな涼しげな寒天を使ったヘルシーデザート
本日の食後のデザートは「玲瓏豆腐(こおりとうふ)」です。 玲瓏豆腐は江戸時代のベストセラー料理書、「豆腐百珍」に58番目に...
スポンサーリンク

ヘルシー豆腐わらび餅のレシピ

【材料(2人前)】

・絹ごし豆腐 1パック(150g)※3パックセットの1つがちょうどよい分量

・片栗粉 40g

・砂糖 30g(今回はきび砂糖を利用)

・水 50g

・きな粉 適量

<黒蜜>

・黒糖 40g

・きび砂糖 40g

・水 100ml

【作り方】

1.ボウルに絹ごし豆腐をいれて、泡だて器でくずしながら滑らかな状態になるまでかき混ぜる。

2.ボウルに片栗粉 40g、砂糖30g、水50gいれて、さらに滑らかになるまで混ぜ合わせる。

3.フライパンに2の生地をいれて、弱めの中火でヘラで練り合わせる。生地が固まってきたら弱火にします。

4.生地が全体的にまとまったら、火をとめ、さらに練り合わせる。

5.水に濡らしたスプーンで4の生地を丸くすくい、氷水をいれたボウルに落としていく。

6.5をザルにあけ、水気を切って後は冷蔵庫で冷やすだけ。

7.黒蜜は小鍋に黒糖、きび砂糖、水をすべていれて、最初は沸騰するまで中火であたため、沸騰したら弱火にして灰汁をとりつつ煮詰める(目安8分程度)。

8.食べる直前に冷蔵庫から取り出した6を器に盛り付け、きな粉、冷ました黒蜜をかけていただく。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.