【時短料理】中トロ鮪のちらし寿司 甘めの味付けで食がススム

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 44


中トロ鮪ちらし寿司

ミツカンの「すし酢」をいただきましたので早速定番のちらし寿司をつくってみました。
今回のメインのネタは特売の「中トロ」!これだけでテンションあがります。
そしてお手製の生姜の甘酢漬けを添えて。

すし酢はいつもは実家の母に教えてもらった配合でつくりますが、今回初めて「すし酢」を使いました。
合わせる手間がいらないので、あっという間にちらし寿司ができあがりました。

お寿司用に調味されているだけあって、絶妙な配合。お味も甘めでお子様にも喜ばれますね。
また甘めの酢なので、酢の物やサラダなど他の料理にも活用できると思います。

SUSHI+の料理レシピ
SUSHI+の料理レシピ  広がる!SUSHI+

スポンサーリンク

中トロ鮪のちらし寿司のレシピ

【材料(2人前)】

・お米 2合

・昆布 5x10cm 1枚

・すし酢 大4

・白ごま 大2

・人参 中1/2本

・こんにゃく1/2個

・ごぼう 中1本

・だし汁 1.5c

・しょうゆ 小4

・みりん 小4

・酒 小2

・砂糖 小1

・まぐろ 適宜

・しそ 適宜(千切りにして水にさらし、水気を切っておく。)

・錦糸たまご 2個分(卵2個、塩・砂糖少々で錦糸たまごを作る。)

・もみのり 適宜

甘酢しょうが・わさび・醤油 適宜

【作り方】

1.お米を研ぎ、ざるにあげて30分置く。通常の水加減から大4だけ水を取り、昆布を加えて普通に炊く。炊き上がったらすぐにすし酢を加えてさっくりと混ぜ、白ごまを加える。粗熱を取っておく。

2.人参・こんにゃくは小さい短冊切りにする。ごぼうは1本を縦に3等分してから薄切りにして水にさらす。鍋にだし汁、調味料(しょうゆ・みりん・酒・砂糖)、人参、こんにゃく、ごぼうを全て入れて火にかける。中火にかけ、灰汁を取りながら水分がほぼ飛ぶまで火を通す。粗熱を取っておく。

3.酢飯に2を適宜加えて混ぜる。(2の具は2合の酢飯には少し多いので、残った具は別の料理に使う。)

4.お皿に五目すしをよそい、もみのりを散らし、錦糸たまご・まぐろ・しそを飾る。お好みで甘酢しょうがを添える。味が足りない場合は、まぐろを軽くわさび醤油につけながらいただく。

こちらの寿司もいかがでしょうか?

木の芽の香り、筍と蕗の食感が楽しい、母直伝の彩り筍寿司
毎年この時期は筍寿司が定番です。あっさり味で何杯でもおかわりできる美味しさ。 今年は恒例の筍堀イベントがなかったので、地元スーパー...
旬の秋刀魚の棒寿司に酢橘で秋を感じる
今日は甘酢〆にした秋刀魚をつかって棒寿司をつくります。 いつもは小鯛の笹漬けを押し型で押し寿司をつくるのですが、今回は押し...
雛祭りを祝うお料理 雛いなり寿司 土井先生の油揚げの炊いたんを使ったレシピ
3月3日は雛祭り。 子どもの頃から男子なのに雛祭りは大好きでした。というのも、美味しいご馳走が食卓に並ぶから・・・ 甘酒、...
田中平助商店 小鯛の笹漬けを使って関西風押し寿司をつくる
若狭にある老舗、田中平助商店の「小鯛の笹漬け」なくしては、我が家の正月は始まりません。昆布風味の肉厚のある小鯛をそのまま山葵...
あっという間にできるけれど味は本格的な、しめ鯖の棒寿司
国内産真空パックになったしめ鯖をつかって、お手軽棒寿司をつくってみました。 必要なのは、真空パックのしめ鯖、酢飯、大葉。 ...
蒲焼き秋刀魚の香味寿司 カリカリ梅の食感が絶妙な秋を感じる棒寿司のレシピ
昨晩は旬の秋刀魚を使った棒寿司をつくってみました。 土鍋ご飯をつくるかどうか迷いましたが、今回はちょっとかわった棒寿司に。...
韓国海苔巻の定番、キムパをつくってみました
先週の節分の恵方巻き用に韓国海苔巻のキムパと海鮮巻き寿司をつくりました。恵方巻きは地元の関西では馴染みがありましたが、最近ではコンビ...

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.