イタリアン風鰯の粉チーズパン粉焼き カリッカリの食感と香ばしさが美味い!

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 127

鰯のパン粉焼き

プリップリで活きのよい新鮮な鰯が手に入ったので、3枚におろしてシンプルにフライでいただきました。

ポイントはパン粉に混ぜ合わせておいた粉チーズ。
フライにするとカリッカリの食感と食欲をそそる香ばしさがアップします。
オリーブオイルで和えたトマトと玉ねぎ、しそのさっぱりしたマリネをソースとして一緒にいただきます。

最近では漁獲量が減って値段もあがりがちでしたが、本日は珍しく特売なので安心。

鰯は青魚ゆえ、肝機能を高めて中性脂肪を下げるEPAや脳細胞を活性化するDHPも豊富に含まれているので、ヘルシーな食材です。
関東近郊では千葉、茨城が全国でも1,2を争う漁獲量となっていますが、一般的な旬は6月~10月とのことで、産地(水揚げ場)やイワシの種類によって旬が異なるようです。

スポンサーリンク

イタリアン風鰯の粉チーズパン粉焼きのレシピ

【材料(2人前)】

・鰯 中4尾

・塩・こしょう 適宜

・パン粉 大2

・粉チーズ 大1

・オリーブオイル 適宜

☆玉ねぎ 1/4個(みじん切り)

☆トマト 1/2個(さいの目切り)

☆しそ 5枚(5mm x 5mm程に細かく切る)

☆塩 少々

☆オリーブオイル 少々

野菜(レタスなど) 適宜

【作り方】

1.材料の「☆」を全て混ぜ合わせておく。(付け合わせのソースにする。)

2.鰯を三枚におろして中骨を骨抜きで除き、水気をふいてから塩こしょうをふる。(ソースの味付けが薄いので鰯には強めに塩をふるが、粉チーズもつけるのでふりすぎに注意。)

3.パン粉+粉チーズを合わせたものを両面に押し付けるようにまぶす。

4.フライパンにオリーブオイルを熱し、鰯を皮目から、両面ソテーする。

5.器に鰯を盛り付け、1のソースとお好みの野菜を添える。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.