【北欧レシピ】キャネールレングデル 北欧フィーカタイムに欠かせないシナモンパンで朝食を

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 239

キャネールレングデル

スウェーデンの長いシナモンパン、キャネールレングデル(Kanellangder)。
カルダモン入りのパン生地にシナモン・フィリングで、漂う甘いシナモンの香りがたまりません。

今朝はいれたての濃い目の珈琲とあわせて、朝の食卓に並べました。

キャネールレングデルは焼きたてを切り分けていただくのが一番美味しいのですが、冷めても軽くトースターで温めてあげるだけでも大丈夫。
思ったよりも軽く、ついつい、いくつでもパクパク食べ過ぎてしまうほど大好きな菓子パンです。

また見た目のインパクトもあり、持ちよりパーティーの一品としてもうけること間違いなしのおすすめ北欧お菓子パンです。

スポンサーリンク

長いシナモンパン、「キャネールレングデル」のレシピ

キャネールレングデル

中はしっとり、甘い菓子パン。パン表面のテカリが食欲をそそりますね。

【材料】※長さ35×10cm

<パン生地>

・無縁バター 40g

・牛乳 125cc

・ドライイースト 小さじ1(3g)

・グラニュー糖 30g

・卵 1/2個

・カルダモン 8粒 (ホールの場合、殻を取り除き荒く砕いておく。粉末の場合は小さじ2。)

・塩 ひとつまみ

・強力粉 240g

<フィリング>

・無塩バター 25g

・グラニュー糖 25g

・シナモン 小さじ1

<仕上げ用>

・卵 1/2個

・あられ糖 適量 ⇒ 今回はグラニュー糖で代用

【作り方】

1.バターを火にかけて溶かし、火からおろしたら牛乳を加えて、人肌程度(40℃)に調整する。

2.ボウルに1の牛乳をいれ、ドライイ-スト、グラニュー糖、卵、カルダモン、塩の順番で加えて、最後に強力粉を2回に分けて加える。

3.なめらかな生地になるまで2を10分程度こねる。丸く整形してボウルに戻し、ラップをかけて40~50分程度、生地が2倍程度にまで膨らむまで温かい場所で発酵させる(一次発酵)。

4.次にシナモン・フィリングをつくる。室温に戻したバターをクリーム状になるまで練り、グラニュー糖、シナモンを加えて混ぜる。

5.3の生地を長方形に成型する。生地をめん棒で25㎝×30㎝の大きさに伸ばし、4のシナモン・フィリングを全体に塗る。

6.長い方を三つ折りにして、折り目を下にしたら、めん棒で軽く押さえて天板に移す。

7.はさみで両側が交互になるように切れ目をいれて、同じ方向にねじって形作る。

8.オーブンシートを敷いた天板に並べ、ラップをかけて約30分ほど、1.5倍程度に膨らむまで2次発酵させる。

9.ハケでつや出しように卵をパン生地の表面を塗り、あられ糖をふりかけて、180℃のオーブンで15~18分程度焼き上げる。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.