【レシピ】イカとキュウリの炒め物 夏野菜キュウリが絶妙な食感!

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 156

イカとキュウリの炒め物

本日の食材は「イカ」。
そして食感のアクセントに夏野菜のキュウリを使い、中華風の炒め物にしあげました。

見た目超シンプルですが、味付けが白いご飯にもぴったりのオカズになるので、さっと一品つくりたいときのレパートリーとしてオススメです。
何より、イカもキュウリもお財布にやさしい食材ですから、いつもの食べ方に飽きたらぜひつくってみてください。

生野菜で食べがちないつものキュウリを炒めることで新しい広がりが。
イカもあますことなく全て使い切ります。

スポンサーリンク

イカとキュウリの中華風炒め物のレシピ

キュウリは実に95%以上が水分で構成されるため、歯切れよく瑞々しいので生で食べることが多い食材です。
日本とは違って中国ではむしろ温めて使うことが多く、今回ご紹介するレシピもまさに中華炒めです。

水分が多く含まれるため、それほど火を通さなくてもさっと炒めるだけでよく、扱いやすい食材なのです。

今回のポイントは炒めすぎないこと。ほどよく食感を残した感じに仕上げましょう。

【材料(2人前)】

・スルメイカ 1杯
 +片栗粉 小さじ1

・キュウリ 1本

・ニンニク 1片みじん切り

・赤唐辛子 1本 またはチリパウダー

<合わせ調味料>

・オイスターソース 小さじ1
・塩 小さじ 1/4
・酒 大さじ 1.5
・水 大さじ 1.5

<水溶き片栗粉>

・片栗粉 小さじ1
・水 大さじ1

・サラダ油 大さじ1/2~1

・塩 少々(茹でるお湯用)

【作り方】

1.イカはひらいた身を縦横4mm間隔で切り目をいれて、食べやすい4センチ角に切る。

2.キュウリは縦半分に切ってから斜めにそぎ切りにする。

3.鍋にお湯を沸かして塩を加えて熱湯で、イカをさっと湯通ししてざるにあげて水気を切る。

4.キュウリも同様に湯通ししてざるにあげ、水気を切る。

5.ニンニクは1片をみじん切り、赤唐辛子は種を取り除き、小さくちぎっておく。

6.合わせ調味料の材料をすべてボウルにあわせる。

7.片栗粉を水で溶く。

8.フライパンにサラダ油を熱し、中火にしてニンニクと赤唐辛子を炒めて香りを出す。

9.イカに片栗粉をまぶしてからフライパンに投入、キュウリもいれて炒める(約2分半)。

10.水気が飛んだら、6の合わせ調味料を投入し、煮立ったら7の水溶き片栗粉を回しいれてとろみをつけて出来上がり!

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.