【確定申告e-TAX】マイナンバー(個人番号カード)申請・発行から受け取りまでのプロセスまとめ

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 526

マイナンバー申請

「公的個人認証サービスの電子証明書について(お知らせ)」が届きました。

ご存知の通り、e-TAXを利用するにあたっては個人を特定する署名用の「電子証明書」が必要です。

署名用の電子証明書とは、インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用する証明書で、電子申請(e-Tax等)、民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録等を行う時に、「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明するものとなります。

これでまでは住民基本台帳カードの電子証明書を使ってe-TAXによる確定申告を行うことができましたが、平成28年1月からマイナンバー制度がはじまったことで、平成27年12月22日で住民基本台帳カードの電子証明書の発行(新規・更新)が終了。

従来の住民基本台帳カードで有効期限満了後はその電子証明書を利用した申請ができなくなっています。

そもそも私の住民基本台帳カードの電子証明書はすでに期限が終了しており、住基カードの電子証明書そのものの更新は既に終了しているので、私のように電子証明書が期限切れで確定申告をe-TAXでしようと考えている方は、来年の確定申告にむけて新たにマイナンバーカード(電子証明書付)の発行申請を行い、受け取る必要があります。

当面は発行無料とのことですが、再発行の際は原則として手数料が必要となります。

特にe-TAXによる確定申告を検討している方は、年末年始はかなり混み合いますのでなるべく早く手続きをおこなうことをおすすめします。

通常、申請後約1か月かかるとのことです。

※追記 11/23にスマホ申請して12/18に「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」のハガキが届きました。事前の情報通り、約1ヶ月程度でした。

スポンサーリンク

マイナンバーカード(電子証明書付)の申請方法について

申請するにあたって手順は簡単。

既に簡易書留で下記交付通知書が送付されてきていると思います。

・「通知カード」

・「個人番号カード」

・「交付申請書」※郵送にて申請する場合

マイナンバーカードには4つの申請方法があります。

①郵送による申請

マイナンバーカードの交付申請書にご本人の顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵便ポストへ

②スマートフォンによる申請(WEB申請)

スマートフォンで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請

③パソコンによる申請(WEB申請)

デジタルカメラで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請

④まちなかの写真機からの申請

申請書を持参して、申請可能な証明用写真機で顔写真を撮影して申請

※まちなかの証明用写真機は申請できるものとできないものがあります。

対応しているまちなかの証明用写真機はこちら

・株式会社DNPフォトイメージングジャパン

サイト http://www.dnpphoto.jp/products/kirei/mynumber/

・日本オート・フォート株式会社

サイト http://www.pmi.co.jp/personal/mynumber/index3.html

・富士フイルム株式会社

サイト http://fujifilm.jp/personal/print/photo/photo_box/mynumber.html

申請にあたっては顔写真が必要ですが、規定通りの写真であれば個人で撮影したものでも問題ありません。

参考 顔写真のチェックポイント

今回は書類を持ち出すことなく自宅からスピーディーに申請したかったこともあり、②のスマホによる申請を行いました。

送付されてきた「交付申請書」にあるQRコードにスマホのカメラをかざして読み込むだけで、登録完了までに5分もかかりません。

あとは所定のフォームに必要な名前・生年月日・メールアドレスを登録、写真を選択してアップロードするだけ。

ただスマホで撮影した写真ではなく、せっかくコンデジを買ったので(少しでもうつりの良いほうで・・・)自宅にて自撮りした写真をスマホに転送して使うことにします。

尚、20歳以上はマイナンバーの更新サイクルが10年なので、納得のいく(?)写真を用意しましょう。

※0~19歳は5年毎の更新です。

電子証明書の発行有無、氏名の点字表記希望の有無もこのプロセスの中で選択します。

ちなみに電子証明書の発行はデフォルトでは発行有になっています。

スマホ同様に、店頭撮影機も交付申請書のQRコードをかざすだけで、写真撮影以外の入力や送付の手間がかかりませんが、個人的にはセキュリティ的な懸念から自宅から申請を選択しました。

※撮影した写真や読み取ったID含む情報はその場で削除されるとのことですが、やはり心配なので・・・

【参考】 顔写真の規格について

・最近6ヶ月以内に撮影した明るくて鮮明な写真(正面、無帽、無背景)

・サイズ:縦4.5cm×横3.5cm

・裏面に氏名、生年月日を記入してください

・白黒の写真でも可

・アップロードファイル

ファイル形式 :jpeg

カラーモード :RGBカラー(CMYKカラー等は不可)

ファイルサイズ:20KB~7MB

ピクセルサイズ:幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセル

※画像編集ソフトで加工された画像などは、受付できない場合があります。

スポンサーリンク

マイナンバーカード(電子証明書付)の受け取り

申請後、約1か月程度で交付通知書(ハガキ)が届くので、記載された交付場所へ以下必要書類をもって発行されたマイナンバーカードを受け取ります。

<必要な持ち物>

・交付通知書(ハガキ)

・通知カード

・本人確認書類

・住民基本台帳カード(返却のためお持ちの方のみ)

尚、本人確認書類は以下に該当するものを用意します。

①住民基本台帳カード(写真付きに限る)・運転免許証・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書のうち1点

②これらをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める2点

(例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証

スポンサーリンク

電子証明書をe-TAXへ登録する

マイナンバーカード(電子証明書付)を利用して、e-Taxにより申告手続等を行う場合は、マイナンバーカードの電子証明書をe-Taxのシステムに登録する必要があります。

既にe-Taxを利用しており、住民基本台帳カードの電子証明書をe-Taxに登録している場合もマイナンバーの電子証明書を再度登録する必要があります。

【参考】「利用者識別番号等の入力画面」からの電子証明書の登録・再登録の方法

これで確定申告(e-Tax)の準備は完了です。

スポンサーリンク

e-TAXのこちらの記事も参考になるかも

昨年10月よりマイナンバーの送付が簡易書留で始まり、わが家にも早々に届いていました。 社会保障・税番号制度<マイナンバー制度>に開始に伴う...
2015年4月1日より、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まり、特定の条件下では確定申告をする必要はなくなりました。確かに確定申告を...
平成25年の確定申告(対象期間は2013年1月~2013年12月)の期間は2月17日~3月16日です。 わが家では今年は医療費控除と...
早々とe-Taxで確定申告を済ませ、オンラインにて申告所得税及び復特別所得税を納付することにしました。 現在のところ、個人(個人事業主)が...
スポンサーリンク
SNSアイコンテスト
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする