【レシピ】冬の御馳走 「ロールキャベツ」 具だくさんでも崩れないできれいに仕上げるコツ

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 239

2017-01-14_21-04-02

今日はいちだんと冷え込んでいますね。
そんな寒い夜は体を芯から温める、キャベツをつかったボリューム満点のロールキャベツがおすすめです。

ことこと煮込んでス-プもうまい!
覆われたキャベツをナイフで切りひらくと、そこにはスパイスの効いた肉の旨味がたくさんつまった具がジュワ~ッ。
冬キャベツの甘さもきわだち、芯まで味がじゅうぶんに染みこんで、これを御馳走といわずして何というか!?

自宅で簡単にできる料理の真骨頂。
家庭料理の代表的な御馳走、ロールキャベツを食卓へどうぞ。

スポンサーリンク

旨味しみこむ具だくさん、御馳走ロールキャベツのつくり方

【材料(2人前)】 ※通常よりも具だくさんのキャベツロールです。

・キャベツ 1/2~1/4個(2人で6枚程度の葉;小さめのキャベツであれば1/2目安)

・ベーコン 4枚

・トマトペースト 大さじ4

・コンソメ 1個

・パセリ(みじん切り) 適宜 ⇒ 今回は緑色が欲しかったのでディルを飾り付け

・サラダ油

・塩

・胡椒

・バター 5g

<ロールキャベツのタネ>

・玉ねぎ 1/2コ

・合挽肉 240g

・生パン粉 20g

・牛乳 カップ1/5

・ナツメグ 少々

・にんにく(おろす) 1/2かけ分

・卵 1/2コ

【作り方】

1.ロールキャベツのタネをつくる。玉ねぎはみじん切りにする。フライパンを中火にかけ、サラダ油大さじ1をひき、玉ねぎを軽く炒める。

2.ボウルにパン粉を入れ、牛乳を加えてざっと混ぜてふやかす。

3.キャベツの芯の周囲に切りこみを入れ、芯を取り除く。キャベツをよく洗って、電子レンジで加熱する。芯は刻んでタネに混ぜる。

4.別のボウルに合挽肉、塩少々を入れて軽く練ってから、ナツメグ、胡椒少々、にんにく、溶いた卵、1&2&3のキャベツの芯を加えて混ぜあわせる。

5.外側の大きな葉は厚みのある芯の部分をそぐ。大・中・小の3枚の葉を使って4のタネを巻く。 ロールキャベツのタネは最初は小さい葉で巻き、徐々に大きい葉で包んで巻いていくようにする。

6.鍋に5で成形したロールキャベツを隙間なく並べ、その上にベーコンをのせる。ロールキャベツがつかる程度に鍋ひたひたに水をいれて、コンソメ、トマトペ-ストを加えて火にかける。煮立ったら弱火にして落としぶたをし、その上から鍋ぶたを少しずらしてかぶせ、1時間煮る。

7.ロールキャベツとベーコンを器に盛りつける。鍋を再び中火にかけて、スープの味をみながら2/3量くらいに煮詰めてバター5gを加え、火を止めてロールキャベツにかける。トッピングでパセリのみじん切りをふりかける(今回はディルで代用しました)。

常備するにはオススメの有機トマトペースト

わが家で愛用しているのはこちらの有機トマトペーストです。小家族向けの使い切りサイズ。
容器が缶ではないので健康面で気にするかたにおすすめです。

スポンサーリンク
SNSアイコンテスト
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする