【レシピ】 ミモレットチーズと夏野菜の冷製パスタ

この記事の所要時間: 252

レシピブログさんよりフランス生まれのチーズ「プレジデント」のミモレットチーズとカマンベールチーズをいただいたので、早速ミモレットを使って夏にぴったりの冷製パスタをつくってみました。

ご存知の通り、ミモレットチーズ(mimolette)は目にも鮮やかなオレンジ色が特徴のフランス産のチーズ。

辛口の白ワインや軽めの赤ワイン、スパーリングワインまで相性抜群なので、ハードチーズの中でも人気の高いチーズです。

その特徴でもある鮮やかなオレンジ色はベニノキから抽出した植物色素のアナトーの色だそう。

珍味のカラスミにちょっと似たような色合いと味わいでワインだけではなく、日本酒や風味の強いビールにもよくあいます。

そして、ハードタイプのチーズならではのしっかりとした、かみごたえのある歯ざわり。

熟成されたミモレットは旨味が凝縮されて、口にいれた瞬間に濃厚な味わいが広がります。

仄かに甘い香りもあって、ついつい食べ過ぎてしまうほど。

一般的にはそのまま薄くスライスしたり、砕いて口の中でとかしながら食べたり、グレイターですり下ろしてサラダのトッピングとして使うと料理の彩りもよく、鮮やかになります。

「ジャーダのおもてなしレシピ」でも使われている、マイクロプレイン社のグレーター。 テレビをみるうちに、あれほど簡単にレモンの皮やオレンジの...

おそとで楽しむチーズ料理レシピ

【ミモレットチーズの特徴】

鮮やかなオレンジ色が特徴の硬質チーズを、程よい歯ごたえが楽しめる波型チップ状にカットしており、ナッツのような風味とコク、爽やかな酸味が味わえます。サラダのトッピングやサンドイッチの具材にも最適です。

・非加熱圧搾チーズ

・脂肪分40%

・上下部分が平らな直径20cmの球形

・重さは2.5kg~4kg

・皮は硬くひび割れ、灰色から茶色を帯びている

・中身は黄土色、または赤みがかった色で、穴はほとんどない

・生産量:4,000t

スポンサーリンク

ミモレットチーズと夏野菜の冷製パスタのつくり方

ポイント 混ぜ合わせる夏野菜は味付け後、冷蔵庫でよく冷やしておくと美味しい。

ポイント ミモレットの鮮やか彩りと程よい食感と風味がパスタにマッチ。

【材料(2人分)】

ズッキーニ(大) 10cm

・とうもろこし 1/2本

・ハム(薄切) 4枚 (生ハムでもOK)

・オリーブオイル 大2

・塩 小1/4

・こしょう 少々

・ミモレットチーズ 1袋(30g)

・パスタ 180g

・バジル 適宜

・レモン(串切) 適宜

【作り方】

1.とうもろこしは、皮付のままラップで包み、電子レンジで5分(500W)加熱し、ラップを外して冷ます。今回は1/2本分使うので、半分に切り、実を削いでおく。

2.ズッキーニは縦半分に切り、薄切りにする。ハムは1枚を6等分にする。

3.ボウルにオリーブオイル・塩・こしょうを混ぜ、ズッキーニ・ハム・とうもろこしを加えて混ぜ、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておく。

4.パスタを指定時間通りに茹で、冷水で洗ってから氷水で冷やす。

5.4の水気をよく切り、3に加えて混ぜる。味が足りなければ塩で調整する(チーズに塩気があるので、控え目でも良い)。

6.器に盛りつけ、ミモレットチーズを飾る。バジル・レモンを適宜添える。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク