【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

【レシピ】 鶏と夏野菜のエスニック素麺(そうめん)白いエスニック風チキンスープがポイント!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いつもの素麺を少しの工夫で違った味で楽しめるレシピ、「鶏と夏野菜のエスニック素麺」のご紹介です。

今回はそうめんと一緒にいただくスープがポイント。

一見スープが透明なので、冷水かと思いきや、これがしっかり鶏肉の旨味とエスニック風味満載の魔法のスープなんです。

ナンプラーとレモン果汁を加えることで、スープがとたんにエスニック風味になります。

また茹で鶏肉をゆで汁含めて活用することで、スープの旨味がでて俄然美味しくなります。

そして、つけあわせは夏野菜の焼き浸し。

彩りもよく、作り置きしておくと何かと便利な一品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?

鶏と夏野菜のエスニック素麺(そうめん)のレシピ

【材料(2人分)】

〇鶏むね肉 1枚(素麺には半分使用)

〇水 100cc

〇酒 50cc

・ナンプラー 大さじ1

・レモン汁 小さじ2

・砂糖 小さじ1

・塩 小さじ1/4

◎夏野菜(赤パプリカ・ナス・インゲン・カボチャ)適宜

◎めんつゆ 大さじ2

◎黒酢 大さじ1

・素麺 150~200g

・ミント 適量

【作り方】

1.(〇)鶏むね肉を茹でる。鶏肉が1/2の厚さになる様に観音開きにして、お肉とほぼ同サイズの鍋に〇の鶏肉・水・酒を入れ、

中火にかけてフタをする。沸騰したら弱火にしてフタをし、5分加熱して火を止め、そのまま冷ます。冷えたら、冷蔵庫で冷やす。

2.(◎)夏野菜の焼き浸しを作る。野菜はそれぞれ食べやすいサイズに切り、フッ素樹脂加工のフライパンで、油を敷かずにそのまま

弱~中火で両面焼いて火を通す。器に◎のめんつゆ・黒酢を混ぜて入れ、焼けた野菜を浸してそのまま冷ます。冷えたら、冷蔵庫で冷やす。

3.1の茹で汁を計り、足りなければ水を足して、150ccにする。ここに、ナンプラー・レモン汁・砂糖・塩を加える。(少し塩辛い程度に

調整。足りなければ、塩を少々足す。)冷蔵庫に入れておく。

4.1の鶏肉(今回は半分使用)を半分に切り、手で細く裂く。(残りの半分は別の料理に)

5.素麺を表示通りに茹で、流水で洗い、水を切って器に盛る。

6.5に4の鶏肉、2の夏野菜、ミントを盛り、3のスープをかける。

dalahastのつくってみた感想やポイントなど

1.鶏肉はフタをして茹で汁につけたまま冷まし、しっとりさせる。

2.鶏肉・茹で汁・夏野菜の浸しは全て事前に作り、しっかり冷やしておく。

3.素麺の水気で少し薄まるので、スープは多少濃い味にしておく。

透明スープが見ためと違ってしっかりとした味で、意外な美味しさ。

鶏肉のゆで汁を使うことで各段にスープの旨味がアップします。

オススメ度:★★★★★

いつもと違った素麺を楽しみたい方にはこちらのレシピもおすすめします。

豆乳スープでヘルシースタイル。

ルーローハンの具をそのまま活用すると台湾風。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間