【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

【レシピ】鶏もも肉で北京ダック風!パリパリ&ジューシーな食感が楽しい簡単パーティメニュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

「北京ダック」は中国の宮廷高級料理の1つ。

家庭で手軽につくるために、今日は鶏もも肉をつかってコスパ抜群!ボリューム満点!巻いて楽しい鶏肉の北京ダック風をつくってみました。

鶏もも肉は低温弱火でしっかり油をまわしかけながら焼くことで、皮もパリパリで美味しいなんちゃって北京ダック風になります。

具材をまくためのバオピン(包餅)は小麦粉から練って伸ばし、蒸すなんて手間もかけません。

市販の春巻きの皮(生ではなく一度焼いてあるもの)を使えば、簡単に主役料理になります。

パーティーメニューのひとつとして、つくってみてはいかがでしょうか?

\今回使った春巻きの皮はこちら!/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?

鶏もも肉で北京ダック風のレシピ

【材料(2人分)】

・春巻の皮(モランボン) 6枚

・もも肉(中) 1枚

・きゅうり 1本

・ねぎ(白部分) 1/2本

・香菜 適宜

・はちみつ 大さじ1

・甜面醤 大さじ1

・しょうゆ 小さじ1

・五香粉 少々

・塩 小さじ1/4

・酒 小さじ1/4

・こしょう 少々

・ごま油 大さじ2~3

【作り方】

1.鶏もも肉を常温に戻し、塩・酒・こしょうをまぶす。

2.鶏肉と同サイズの小さなフライパンにごま油を入れ、鶏肉の皮を下にして入れる。中火にかけ、温まったら弱火にする。フライ返しで押さえつつ焼き、
縁が白くなってきたら(6~8分)、フライパン中の熱い油をスプーンですくってかける(2~3分間)。鶏肉を返し、裏も1分程焼く。

3.竹串を刺し、肉汁が透き通っていたら出来上がり。火を止め、フライパンに入れたまま1~2分置く。食べやすいサイズに切る。

4.きゅうりは5cm長さの細切り、ねぎも5cm長さの白髪ねぎにする。香菜は食べやすいサイズに切る。

5.はちみつ・甜面醤・しょうゆ・五香粉を混ぜてタレを作る。

6.春巻の皮は三角になる様に半分に切り、1枚ずつ折りたたむ。

7.大皿に盛り付け、春巻の皮で具を巻き、タレをつけていただく。

鶏もも肉で北京ダック風の食べ方

春巻きの皮は既製品を使うと時短になります。
乾燥防止のため、食べる直前までラップをかけておくとよいでしょう。

まず、この春巻きの皮をお皿にひらいて、白髪ネギ、キュウリ、コリアンダー、鶏もも肉をのせます。

次に左側から皮をたたみ、右側からも皮をたたんで、くるりと具材を包みます。
きれいな三角錐状にします。

あとは食べるだけ!
鶏もも肉と春巻きの皮だけで簡単にできるなんて、ちょっと感動。
五香粉香る、甘辛いタレがいい感じでアクセントになっています。

dalahastのつくってみた感想やポイントなど

1.鶏肉に切れ目は入れず、常温に戻し、多めの油で弱火でじっくり中まで火を通すことで、時間がかかるが皮パリ&ジューシーな仕上がりに。

2.春巻の皮は、そのままで食べられるもの(モランボン等)がおすすめ。

3.五香粉をタレに加えることで、独特の風味により格段に味がアップ!わが家では欠かせない調味料のひとつです。

オススメ度:★★★★★ 

\今回使った春巻きの皮はこちら!/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。