【保存版】Amazonの買物で使っている8つのお得技!
スポンサーリンク

【レシピ】筍から自分でつくる自家製メンマ 冷蔵冷凍保存できるストックレシピ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5月になると筍のシーズンももう終わり。
最後の筍を冷蔵・冷凍ストック用として自家製メンマにしてみました。

一番大好きな食べ方は母のレシピによる筍寿司ですが、お酒の肴にもぴったりの自家製メンマもはずせません。

炒めて煮るだけのシンプルなレシピです。
味噌ラーメンにのせたり、キムチとあわせて丼ぶりにしたり、なにかと便利なストック料理です。

たくさん筍をもらったりしたときに食べきれなくなりますが、メンマにしておくと冷蔵で約1週間、冷凍で約1ケ月保存できます。
普段はノーマルな味つけでつくっておき、ピリ辛好みの方は食べるときにラー油や糸唐辛子をプラスとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビールが欲しくなる!自家製メンマの作り方

【材料】

・筍(タケノコ) 200-300g程度(灰汁抜き済み)
・ごま油 大さじ1
・砂糖 大さじ1

<煮込み用調味料>
・水100ml
・醤油 大さじ1
・料理酒 大さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1

※今回は小さめの筍2本、皮むき後で実質500g程度でしたので、上記分量の2倍でつくりました。
筍で自家製メンマ

【作り方】

1.筍は灰汁抜きをしておき、一晩冷蔵庫でねかせておく。※水煮の筍でもOKです。

筍で自家製メンマ1

灰汁抜き後、一晩おき、周囲の色味づいている皮をはぐ。

筍で自家製メンマ2

2.筍は穂先と真ん中のやわらかい部分は薄い串切り、根元は輪切りにした後に細長く切る。

3.フライパンにごま油を熱して、2の切り分けた筍を全体的に油がいきわたるまで軽く炒める(中火)。

4.その後、砂糖を加えて全体的になじませ、炒める。

5.煮込み用の調味料をすべて4に加える。

6.汁気がなくなるまで軽く混ぜ合わせながら、煮込んでいく(中火)。 数十分程度。

この程度になるまで中火の弱火で煮込んで味をなじませる。

7.タッパなどの容器にいれて、冷蔵庫で約1週間、小分けにして冷凍保存で約一ケ月保存できます。

dalahastのつくってみたポイントや感想など
筍の季節もおわりですが、作り置きして冷凍保存しておくと長く楽しめます。
・鶏ガラスープの素、オイスターを加えることでコクのある中華風の味つけに。
・食感を楽しみたい場合は厚めにきってもよし。わたしは薄くてしっかり味がしみこんだメンマが好み。
・ビールのお供にそのまま食べても良し、ラーメンなどのトッピングとしても活躍します。
・冷蔵保存で約1週間、冷凍保存で約1か月です。
オススメ度:★★★★★
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。