【保存版】Amazonの買物で使っている8つのお得技!
スポンサーリンク

【レシピ】枝豆イカメンチ フワフワ食感と香ばしさが癖になる青森の郷土料理

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

青森県津軽地方のの郷土料理、イカメンチ
私もファンである料理家・笠原政弘さんらしい組み合わせで、枝豆をつかって夏らしく、食べ応えのある「枝豆イカメンチ」のレシピです。

甘めの梅干しをペースト状にしてマヨネーズとあわせたソース、レモン果汁と一緒にサッパリといただきます。

イカのプリプリとした食感、枝豆のホクホクとした食感の2つを楽しめる一品です。

ビールのおつまみとしても、そうめんの具としても、白いご飯にもぴったりな夕食のおかずとしても十分な満足度を得られます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

枝豆イカメンチ 青森の郷土料理のレシピ

【材料(2人前)】※つくりやすい2人前の分量ですが、行程の写真は4人前です。

・枝豆 50g ※茹でてさやからだしたもの
・スルメイカ 1ハイ
・玉ねぎ 1/4個
・はんぺん 1/2枚

<A>
・卵 1/2個
・小麦粉 大さじ2
・塩 小さじ1/2
・コショウ 適量

<B>
・マヨネーズ 大さじ2
・梅干し 大さじ1 ※包丁でたたいてペースト状にする
・白煎りごま 小さじ1

・サラダ油 適量
・ベビーリーフなど、グリーン野菜 ※今回はサラダ菜 適量
・レモン 1/4個 厚めの半月切り ※なくてもレモン果汁で代用可

【作り方】

1.玉ねぎはみじん切り、枝豆も茹でてさやから出したものを粗みじん切りにする。

・枝豆は水洗いしたのち、塩を加えて熱湯で5分程度茹でる。

枝豆茹で

・玉ねぎはみじん切りに。

玉ねぎみじん切り

・枝豆は食感を残すため、粗みじん。

枝豆粗みじん

2.スルメイカは足をワタごと引き抜いて、軟骨を取り除く。よく洗って水けをとり、ゲソを含めてぶつ切りにして、さらに包丁でたたいて粗目のミンチ状にする。

イカミンチ状

3.はんぺんはビニール袋にいれて、手で細かくなるまでつぶす。

4.ボウルに2のミンチ状にしたイカ、3のはんぺん、Aの卵・小麦粉・塩・コショウを加えて混ぜあわせて、1のみじん切りにした玉ねぎと粗みじん切りにした枝豆も加えて混ぜ合わせる。

イカメンチ混ぜ合わせ

・よく混ぜ合わせる。生地がゆるくてまとまりがない場合は、小麦粉をさらに追加して調整する。

イカメンチ混ぜ合わせ2

・最後にみじん切りの玉ねぎと粗みじんの枝豆を加えて、よく混ぜ合わせる。

イカメンチ混ぜ合わせ3

5.別ボウルにBのマヨネーズ、たたいてペースト状にした梅干し、白煎りごまを混ぜ合わせて、ソースをつくる。

梅マヨソース

6.フライパンに油を1㎝程度の深さまでいれて中火で熱し、4の混ぜ合わせた具をひと口大にまるめて平らにしたものを入れて、両面を4~5分程度揚げ焼きにする。

枝豆イカメンチ揚げ

7.イカメンチが揚ったら、器にグリーン野菜と一緒に盛りつけて、あれば半月切りにしたレモン、5のソースをそえて完成。

dalahastのつくってみたポイントや感想など

枝豆とはんぺんをプラスことでボリュームアップ。
メンチじたいに味がついているので、ソースなしでも美味しくいただけますが、梅干し&マヨネーズでさっぱりいただくのもおすすめです。

1.はんぺんを加えることで、イカメンチがふわふわに。
2.具材の食感を楽しむため、枝豆は粗みじん、イカは粗くミンチ状に。
3.途中でレモン果汁で味をかえても美味しい。

オススメ度:★★★★★

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。