ルンバの実力、本音で検証!

スポンサーリンク


「ルンバ」とはあなたにかわってお掃除をしてくれる全自動お掃除ロボットです。使い方は簡単!

ルンバの真ん中にあるボタンを押すだけで自動的にお部屋をお掃除します。 ルンバは国内出荷台数20万台、

全世界では400万台以上のご家庭で愛用されている全自動ロボットのベストセラーです。

このコーナーではルンバのセールスポイントを1ユーザーの観点からレビューしたいと思います。

1.ゴミ除去率99.1%! ルンバのメカニズム

人工知能AWAREと3段階クリーニングシステムによる集塵機能で圧倒的なゴミ除去率を誇ります。

世界40カ国、400万以上のご家庭で愛用されている高性能ロボット掃除機「自動掃除機 ルンバ」。

その高い清掃力のヒミツは、先進メカトロニクスによるマルチベクトル集塵にあります。高度な人工知能

AWARE®と、一度に3つの動作を同時に行う3段階クリーニングシステム(米国特許)が連携する

ことで、部屋中をくまなく掃除。1回の掃除につき同じポイントを平均4回走行し、人間の目では見逃して

しまいがちな小さなゴミや、人間が感覚で行う掃除では難しかったカーペット奥の糸くずやダニも、しっかり

と除去します。そのゴミ除去率は99.1%※。ルンバだから実現した清掃力なのです。

ゴミ除去率99.1%の真実はいかに・・・・ 個人的に利用した感想としては99.1%は言い過ぎがもしれませんが、

確かにスゴイ! 確かにキレイになっています!

当初は半信半疑で(高い買い物をしたので恐る恐る)稼働させたのですが、ルンバはコマワリよく動く、動く、、、、

その懸命なお掃除姿に感動すら覚えました。一番のポイントはルンバ本体の右側についている3本足のブラシ

です。正式名称は「エッジクリーニングブラシ」という細いナイロン繊維を何本も束ねたハケのようなブラシですが、

これが実にいい仕事をするのです。毎分300回転!と左に高速回転することにより、際や部屋のコーナーなどの

取りにくいゴミを回転しながら前方へかき出していくのです。ルンバ本体の側面から少し飛び出すように、取り付け

られているので(まるでルンバの触覚のよう・・・・カワユス)、ルンバの円型ボディでも、隅々までキレイにしてくれる

のです。ちなみにブラシが消耗品なので磨耗したときや破損したときにはその都度交換する必要があります。

私の場合は1週間のうち、最低3回(月、水、金曜日)ルンバを出勤中に稼働させています。

ルンバ577の標準機能であるスケジュール機能を使って、事前に曜日と起動時間(時分単位)で指定することで

不在の時でもルンバは自動的にスイッチオン!帰宅時には見違えるぐらいフローリングの床が綺麗になっています。

ルンバを購入するまでは、毎週末、散り積もった埃をクイックルワイパー(ドライ)できれに取り除き、最後の仕上げに

ウェットタイプで掃除していましたが、埃をとる手間がまったく省けてしまっています。

もちろんルンバの掃除する範囲はフローリングやカーペット、畳の上だけなので、ドアやサッシについた埃は別途

掃除する必要はありますが、日常積もる埃をルンバで定期的にシャットアウトすることで日常のお手入れが全般的に

楽になったと実感しています。(*^-^*)

2.ルンバのかしこさの秘密:人工知能AWARE®とは

ルンバの頭脳となるのが、アイロボット社が開発した人工知能AWARE®。「お部屋をくまなくキレイに

お掃除する」ことを目的に、ルンバの動きを精密にコントロールします。

「壁センサー」「段差センサー」「ゴミセンサー」など、数十におよぶ各種センサーからの情報を分析。掃除

しながら部屋の形状、広さ、汚れ具合などを判断し、最適な清掃時間を自動的に計算します。

また、同じポイントを平均4回、あらゆる角度でくまなく走行し、お部屋を隅々までお掃除します。床材や

家具の配置などによる環境の変化にも瞬時に対応し、状況に即した動作を自ら選んで実行。それもルンバ

の頭脳AWARE®が成せる技術なのです。

稼働当初、正直なところ無規則に動いているように思えました・・・^-^;汗 1ヵ月たった今でも本当に最新の人工知能

によって制御されているのかどうか不明です。苦笑。 壁センサーに至っては感知している時はルンバが壁や障害物に

当たる前にスローダウンになり、オロオロと動きます。 基本的には勢いよくコーナーに「ガツン!」「ガツン!」と自ら体当

たりをして、自虐的走行をしているかのようです。

ルンバの足回りの前方に段差センサーがありますが、最近の戸建て・マンション問わず、バリアフリー住宅が増えてきて

いるので、このセンサーでは感知することが難しくなっています。

自宅の玄関でルンバが段差(といっても1cm程度)に目もくれず、ズガガーっと突進していきました。^-^;汗

仕方がないので「ルンバ577」に付属していたお部屋ナビ/バーチャルウォールを玄関先に設置して、ルンバが玄関に

進むことを防止しました。

同じポイントを平均4回とは知りませんでしたが、確かに同じ場所を何度もいったりきたりしています。一見、無駄に動いて

いるように見えるのも、カモフラージュだったのか? 結果的にきれいに掃除してくれるので問題なしです。

これまで稼働させた経験で言うと、3LDK/80m2の広さで約1時間~1時間半程度、入念に掃除をおこない、本体ランプ

点滅後、充電ドックへ自働的に帰還します。^-^>

3.ルンバの力強さの秘密:3段階クリーニングシステム

ルンバのお掃除は、1回の吸引力だけに頼りません。「かきだす」「かきこむ」「吸いとる」という3つの清掃作業

を同時に行い、丁寧に何度もゴミを除去しま す。これがアイロボット社が開発したルンバ独自の「3段階クリー

ニングシステム(米国特許)」。人間では真似のできない、ルンバならではの清掃システムで す。

偽りなく、「かきだす」力は強力です。毎分300回転のエッジクリーニングブラシと毎分1,600回転のメインブラシ。

この2つのコンビネーションで細かなゴミをキャッチして、一気に吸引します。 音は一般的な掃除機より少し静かな

程度ですので、基本的には日中稼働させるほうが近所迷惑にならないと思います。

スケジュール機能で週末の早朝にお掃除設定をしていたようで、すっかり忘れて寝ていたところ、ルンバの音で目が覚め

ました。寝室のドアにガンガンあたってきて、まるで「早く起きろ!」・・・とルンバが目覚まし代わりです。

吸引力は米粒程度の重さのものは少し苦手のようですが、埃は100%近く吸い取ってくれます。ただダストボックスが

週末にかけて満杯になってくると、ルンバからところどころ「固まった埃」を落としていく場合があります。

特にルンバがキッチンマットやリビングのカーペット、玄関マット等にせりあがった場合によく、落としていきます。

もちろんまとまった形で埃が落ちているので、そのまま手で取ってゴミ箱行きです。