【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【レビュー】水出しアイスコーヒーポット コールドブリューを自宅で簡単かつ美味しくつくる

5.0

水出しコーヒーポット

この記事でわかること

雑味のないまろやかな口あたりが特徴の水出しアイスコーヒー(コールドブリュー)。
「フィルター付きの冷水ポット」を使えば、水出し麦茶にように手軽にアイスコーヒーをつくることができます。

この時期になるとキンキンに冷えた飲み物を欲するようになりますが、わが家の夏の定番といえば「アイスコーヒー」です。

できるだけ簡単に美味しいアイスコーヒを楽しみたいものですが、冷やさないといけない分、熱い珈琲と違ってひと手間かかります。

コーヒーも凝りだすときりがなく、珈琲豆の種類はもちろん豆の挽き方や入れ方までにこだわるのもありですが、正直そこまで時間をかけていられないのが本音。

 

dalahast
dalahast

もっと手軽にアイスコーヒーをつくれないかな?

水出し麦茶パックのように手軽につくることができれば、これ以上言うことはありません。

そこで見つけたのが、こちらの「水出しコーヒー用の冷水ポット」です。
水出し用のコーヒーパックを放りこんで一晩たてば、キンキンに冷えた美味しいアイスコーヒーがいつでも楽しめます。

急冷式と水出しアイスコーヒーの違い

アイスコーヒーには「急冷式」と「水出し」の2つの作り方があります。

  • 「急冷式」:挽いたコーヒー粉をお湯でドリップして、氷で急速に冷やす方法。すっきりとして香り高い味わい。
  • 「水出し」:挽いたコーヒー粉と水を使って、じっくりと時間をかけてコーヒーを抽出する方法。やさしい口あたりで味もまろやか。

わが家ではこれまでは「急冷式のアイスコーヒーメーカー(メリタ製)」による急冷式アイスコーヒーをつくって、毎夏楽しんでいました。

挽いたコーヒー粉をいれたドリッパーに熱いお湯を注ぐと、その先にある氷がたくさんはいった容器(分水盤)を通過するときに、一気に急冷することで味わい深いアイスコーヒーができあがる仕組みです。

本格的なカフェ風アイスコーヒーを自宅で楽しむ
2011年に「老舗メリタのアイスコーヒーメーカーはオススメ」でご紹介したメリタのアイスコーヒーメーカーでつくる、本格的なアイスコーヒーをつくってみました。このアイスコーヒーメーカーはペーパードリップ方式ですので、簡単にコクのある美味しいコ...

確かに、ハンドドリップでつくるアイスコーヒーは香り高く感じられるのですが、つくる前後でなにぶん手間がかかるのが課題でした。

急冷式のアイスコーヒーメーカーは、フィルター・ドリッパー・分水盤・グラスポットがあるので洗わなければいけないパーツは多く、抽出した後のコーヒーの粉の処分もしなければいけません。

また氷もあらかじめ用意しておく必要があります。

もちろん氷さえあれば、飲みたいときにその場でつくってすぐにキンキンに冷えたアイスコーヒーを飲むことができるメリットはありますが、毎度手間をかけて抽出するのも面倒に感じていました。

また私が使っていたのは熱湯でドリップするため、ポットがガラス製である必要があり、2回ほどうっかり割ってしまったことがあります。

以上の反省点から、

  • 軽量で洗いやすいプラスチック製
  • 一度にたくさんのアイスコーヒーができる
  • パックが使えるので処分が簡単

を備える、「水出しコーヒー用のフィルター付き冷水ポット」を探していました。

水出しコーヒー用冷水ポット「ドリンク・ビオ」レビュー

今回買った「ドリンク・ビオ」は今夏カルディが販売している水出しコーヒー用ポット(ブラック)と全く同じもので、スクエア状のシンプルなデザインが特徴の冷水ポットです。

発売元メーカーのアスベルは冷水ポットをはじめたとした生活日用品を手掛ける総合メーカーで、使い勝手のよいポットをラインナップしています。

リンク アスベル

購入の決め手になったポイント

私が気に入っていているのは、次の3つのポイントです。

  • 冷蔵庫で縦にも横にも置ける
  • 軽量で洗いやすい、持ちやすい
  • 一度にたくさんのアイスコーヒーができる

冷蔵庫で縦にも横にも置ける

まわして開閉するタイプのフタにはシリコン製のゴムパッキンがついているので、しっかりと漏れを防ぐ構造になっています。

冷蔵庫内のドアポケットだけでなく、空きがちな上段中段にも安心して置くことができます。

パッキンは消耗品として交換可能です。

軽量で洗いやすく、持ちやすい

軽さは正義。
本体はプラスチック製で約300gと軽量。

スクエア形状のポットは角がとれたゆるいカーブがついているので、手にフイットします。

片手でもとても持ちやすく、横に倒して置いても、冷蔵庫からも取り出しやすいです。

一度にたくさんのアイスコーヒーができる

ポットの容量は標準的な1.1リットルサイズ。

挽いたコーヒー粉でつくるか、水出し用パックでつくるかにもよりますが、1本で800-900mlのアイスコーヒー(小さ目グラスで8杯程度)をつくることができます。

メッシュフィルターのついたストレーナーに、挽いたコーヒー豆の粉や水出しコーヒー用のパックをいれるだけ。

dalahast
dalahast

粉を使っている場合、洗いやすさを考えるとストレーナーの底面が取り外せるようになっていたら、さらに良かったです。

その点では、ハリオの水出しコーヒー用ポットはストレーナーの底面が取り外せるようになっているので、粉派の方はこちらも選択肢になります。
ただし、横には倒せません。

製品仕様について

商品名アスベル ドリンク・ビオD-112T
サイズ幅105mm×奥行94mm×高さ276mm
本体重量0.304kg
材質AS樹脂(本体)、ポリプロピレン/PP(ネジ栓・フィルター本体・フィルターフタ)、飽和ポリエステル樹脂/PET(メッシュ)、シリコーンゴム(パッキン)
容量1.1リットル

水出しアイスコーヒー(コールドブリュー)の作り方

水出しアイスコーヒーは、お湯ではなく、お水でゆっくりと時間をかけて抽出するため、仕込んですぐには飲めません。

時間をかけてじっくり抽出する分、豆本来の味が引き出されて、雑味やえぐみがないまろやかな口あたりが楽しめます。

水出しパックの場合

  1. 冷水ポットのストレーナー(メッシュフィルター付きのコーヒー豆入れ)に水出し用パックをいれて、水を注ぎ、冷蔵庫で約8時間ほど放置する。
    ※最初に少量の沸騰したお湯で少し蒸らすことでコクがでるようになる。
    ※20度程度の低温のお湯を使えば抽出時間が少し早まる。
  2. 時間がたったら、水出し用のパックをストレーナーごと取りはずします。
    ※コーヒーの濃さは抽出時間で調整する。
  3. 数日で飲み切るようにする。

1.1リットルサイズのポットで、800~900ml(小さめグラス8杯が目安)のアイスコーヒーができます。
※水出し用パックをいれるため、コーヒー豆に水分が吸収されることもあり、出来上がりの容量が少なくなります。

私の買ったポットは粉とパックとも使える2WAY仕様です。
ストレーナー(メッシュフィルターのついたコーヒー豆入れ)には挽いた豆を直接いれて水出しできるようになっていますが、私はストレーナーにカルディの水出しコーヒーのパックをそのままいれています。

dalahast
dalahast

ポットの中にそのまま水出しパックを入れるよりは、ストレーナーにいれたほうが水を満杯にいれたときにパックが浮かずに固定されるのか、とてもいいあんばいに抽出されるような気がします。

わが家の今年の夏は、こちらのカルディの水出しアイスコーヒーのパックを利用しています。

こちらの水出しコーヒーは1パックあたり常温水400ml推奨ですが、ブラックで飲む場合は少し濃い目に感じられるので、冷水ポットに対して1バッグだけいれて抽出しています。

dalahast
dalahast

アスベルの水出し冷水ポットでは、カルディの水出しコーヒー1パックでちょうどよい感じに抽出されるので、味が安定します。

挽いた豆の場合

  1. ストレーナー(メッシュフィルター付きのコーヒー豆入れ)に挽いた豆(中細挽き)を約80gいれる。
    ※水出しには細挽き、中細挽きがよい。
    ※冷水ポット1.1リットルサイズの場合の目安。
  2. 途中スプーンなどで適度にかきまぜながら、水を注ぐ。
    ※最初に少量の沸騰したお湯で少し蒸らすことでコクがでるようになる。
    ※あまり混ぜすぎると苦くなるので注意する。
    ※20度程度の低温のお湯を使えば抽出時間が少し早まる。
  3. 冷蔵庫で約8時間ほど放置する。
    ※コーヒーの濃さは抽出時間で調整する。
  4. 時間がたったら、ストレーナーごと取りはずす。
  5. 数日で飲み切るようにする。

サーモス真空断熱タンブラーも欠かせない

アイスコーヒーには「サーモスの真空断熱タンブラー」も欠かせません。

魔法瓶と同じ構造のタンブラーは保冷力抜群。
冷たいアイスコーヒーを長時間キンキンに冷えた状態で楽しむことができます。

氷の溶けるスピードも遅く、数時間たっても氷がのこっているほどの保冷力です。

dalahast
dalahast

冷たい飲みものは冷たく、熱い飲みものは温かいままキープできるのがポイントで、夏場だけではなく、冬でも使えます。

「水出しコーヒー(コールドブリュー)」で夏を乗りきろう!

お湯を使わないため熱による化学変化がおこらず、苦みや雑味もない、低温抽出ならではのまろやかさが楽しめる「水出しアイスコーヒー」。

水出しポットは片付けが簡単で手間いらずなので、水出しアイスコーヒーを毎日楽しむためには欠かせません。

自分で挽いた粉をいれてもよし、市販の水出しコーヒーパックを買ってきてもよし。
寝る前にセットすれば、翌朝にはキンキンに冷えたアイスコーヒーができています。

水出しアイスコーヒーを簡単に抽出できるフィルター付きの冷水ポット。
この夏にひとついかがでしょうか?

\アイスコーヒーづくりの決定版/
テキストのコピーはできません。