【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【レビュー】ハイレゾ対応モニターヘッドホンPro 50(OneOdio)で臨場感あふれる空間を楽しむ


テレワークのWEB会議で使う、密閉型で遮音性の高いヘッドホンを探していました。

これまで使っていたカナル型ヘッドホンでは、長時間装着していると耳が痛くなってしまったり、そもそも付属のイヤーピースが耳の形状と合わないためフィット感がなく、きっちりとつけている感じがしなかったからです。

また業務以外の用途でもハイレゾ対応の音楽を楽しんだり、深夜の映画鑑賞やゲームを大音量で楽しむ用途でも使えるものを求めていました。

そんな時、まさにベストタイミングでモニター商品としてレビュー依頼のあったこちらのヘッドホンに出会いました。

OneOdio社のコンパクトでスタイリッシュなハイレゾ対応のヘッホン「Pro 50」モデルです。

ハイレゾ対応モニターヘッドホンPro 50(OneOdio)の概要

個人的に注目した「OneOdio Pro 50」の特長

  • クリアーで高音質なハイレゾ対応
  • 軽量・心地よい装着感で長時間でも疲れない
  • マイク付でWEB会議にも使える

耳にあてがう「オンイヤータイプ」のヘッドホンですが、耳を完全に覆うオーバーイヤータイプと比べても遜色ないほどの没入感を体験することができます。

コンパクトな設計で軽量ゆえ、長時間装着していても疲れないところが気に入っています。

「OneOdio Pro 50」の製品概要

商品名OneOdioハイレゾ対応モニターヘッホンPro 50
型式ダイナミック密閉型
ドライバー口径φ50mm
再生周波数帯域20Hz〜40KHz
インピーダンス32Ω
感度110dB±3dB
最大入力1600mW
プラグ(左側ジャック)φ6.3mm標準、(右側ジャック)φ3.5mmミニ金メッキステレオ2ウェイ
重さ約268g
同梱物Pro 50ヘッドホン、キャリーポーチ、日本語説明書、6.3/3.5mmカールコード(2~3m)、3.5mm Auxケーブル(1.2m)

同梱物は、コード×2本、持ち運び用のキャリーポーチ、取扱い説明書。
買ってすぐに使えるのがいいですね。

OneOdioハイレゾ対応モニターヘッホンPro 50 レビュー

外観:コンパクトで持ち運び可能なサイズ

ブラックの筐体に鏡面仕上げのハウジング部分がクール。
赤のステッチがアクセントになって、おしゃれなデザインです。

モニターヘッドホンというと無骨で大きなイメージがありましたが、「Pro 50」は、オンイヤータイプのヘッドホンということもあり、とてもコンパクトに感じます。

DJ仕様の180度回転するイヤーカップのおかげで、クルッと回転させて片耳で聴くことができます。

また可動部分の自由度が高いため、思いのほかコンパクトに折りたたむことができます。

まず通常形態。

片耳をたたみこんだ形態。

片耳を反転させてコンパクトにした状態。
ポーチへの収まりが一番よいです。

両耳とも反転させて形態。

dalahast
dalahast

コンパクトサイズにたたんで、収納して持ち運べるポーチがついているのもうれしいポイント。

装着感:軽量で長時間装着しても疲れない

この手のヘッホンは重いのかな、、、と思いきや、非常に軽量です。
本体はわずか約268g。

ふかふかのイヤーパッドに加えて、軽量化がはかられたプラスチック製の本体(決して安っぽさを感じさせない)。
この軽さがフィット感を高めており、WEB会議で長時間装着していても耳が痛くなりません。

尚、こちらのイヤーパッドは消耗品として交換可能です。

私は普段はメガネを着用していますが、イヤーパッドのおかげでまったく負荷を感じることはなく気にならないほどです。

ただ唯一気になった点として、人によってはヘッドバンドのある頭頂部分がフラットなつくりになっているため、きつく感じるかもしれません。
※私は問題ありませんでしたが、家族が装着してみたところ、ここが頭を圧迫するとのコメントがありました。

ここは左右のスライダーを適切な長さに調整することである程度軽減できますが、頭の大きさなどで個人差がでるところだと思われます。

装着にあたっては左右どちらか少しわかりにくいのですが、実はイヤーパッドの内側をみると、赤い生地に右側には「R」、左側には「L」の模様があります。

ハウジング部分についているジャックでも判別可能で、3.5mm ステレオジャックのある方が右側になります。

音質:ハイレゾ対応で低音から高音までクリア

対応周波数帯域は20Hz~40kHz。
※国内のヘッドホンやスピーカーについては、日本オーディオ協会が高域再生性能40kHz以上をクリアしているものをハイレゾ対応機器として認定しています。
ハイレゾ音源については別の定義あり。

イヤーパッドのホールド感のおかげもあり、臨場感ある音楽を楽しむことができます。

dalahast
dalahast

さすがDJヘッドホンということもあり、没入感ははんぱなく、どっぷりとその世界に浸れます。

ハイレゾ音源を聴いてみる

タイミングよくEcho Studio(ハイレゾ対応スマートスピーカー)を購入したことを機に、Amazon Music Unlimited HDのメンバーシップに加入しましたので、早速ハイレゾ音源(AmazonではUltra HD表記)を視聴してみます。

Music UnlimitedのアプリをインストールしたiPhoneにPro 50を接続します。

残念ながら手持のポータブルハイレゾ再生デバイスとしては、iPhone SE第2世代しかないため、ハイレゾ音源をフルに活かすには再生端末の再生可能音域は限定的ですが、一応ハイレゾ音源を満喫することはできます。

もしiPhoneでハイレゾ音源を100%楽しみたいというのであれば、ヘッドホンとiPhoneの間にポータブルDACをはさむことで可能となります。

提供するレーベルや楽曲によって、ハイレゾ音源でも音質が異なります。
Music Unlimitedで言えば、ハイレゾ相当の「ULTRA HD」には192kHz/24bit~44.1kHz/24bitまでのレンジで楽曲が配信されています。

音源によっては、端末の性能がハイレゾ音源を十分に活かし切れていないケースもありますが、素人耳には十分なハイレゾ感。
明らかにCD音質相当(44.1Khz/16bit)の「HD」とは異なった細やかな音の広がりを感じます。

dalahast
dalahast

ハイレゾ音源を日常的に楽しむレベルでは、Pro 50の価格帯でこのパフォーマンスはコスパ十分だと言えます。

遮音性:密閉感あり音に集中できる

クッション性のあるイヤーパッドは約3㎝とぶ厚く、耳をすっぽり覆う感じで、ホールド感があります。

そのためノイズキャンセリング対応ではありませんが、装着すると外界の音があまり聴こえません。

テレワークでWEB会議が多くなりましたが、自宅でも集中することができるようになりました。
特に海外とのテレカンで音声がクリアーにひろえるので、語学のヒアリング学習でも活用できます。

機能性:マイク&コントローラー付き

付属の3.5mm Auxケーブルを使えば、WEB会議での利用からゲームをマルチプレイする際のボイスチャットも可能です。

コード側のヘッドホンステレオ端子よりのところに、通話オン/オフボタンとマイクがついています。

まとめ:エンタメ用途からテレワークにもオススメの万能ヘッドホン

以上、OneOdioハイレゾ対応モニターヘッホンPro 50 レのレビューでした。

お値段以上の音質と使い勝手のよさを感じる「Pro 50」。

密閉感のあるイヤーパッドのホールド感、それでいて痛くしめつけない優しい肌さわりと装着感が個人的に気に入っています。

惜しむらくは有線のみの接続でBluetoothに対応していないところぐらいで、音楽だけではなく、映画鑑賞からゲームまで迫力あるサウンドを楽しむことができます。

dalahast
dalahast

もちろん私のように仕事でWEB会議で使う方にもオススメ。そのソフトな密閉感ゆえ、幅広い用途でおすすめできる万能ヘッドホンだといえるでしょう。

レビュー
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。