DUO3.0を活用した英語学習方法 iPhone編その2

この記事の所要時間: 145

「DUO3.0を活用した英語学習方法 iPhone編その2」

DUO_main

DUO3.0復習編のCDから音声を分割して、Flashcards用にMPのファイル形式に出力する手順を解説したいと思います。フリーソフトを組み合わせることでとても簡単に分割できてしまいます。

DUO 3.0

著者/訳者:鈴木 陽一

出版社:アイシーピー( 2000-03-15 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,296

単行本(ソフトカバー) ( 432 ページ )

ISBN-10 : 4900790052

ISBN-13 : 9784900790056


まずCDから音声を取り込むのに使うのがCDexというフリーソフトです。DUO3.0復習編のCDをPCにいれてCDexで開きます。トラック部分の取り出し・合成を選択して取り込んだCDの各ファイルをDUO.wavの1ファイルとして出力します。

↑ WAVファイルに一本化するのに約10数分かかります(PCのスペックに依存?)

次はflat decodeさんのサイトにあるDuoCDdiv.txtファイルを使って、1本化されたWAVファイルを例文毎に分割する作業になります。
この音声ファイルの分割にはここに掲載されている設定ファイルを活用することで効率的に簡単に560ファイル生成可能です。普通にやると微妙なところでカットされたりするので面倒でしたが、このファイルのおかげで手間いらず、感謝です。^-^>”
DuoCDdiv.txt – 2010/08/08 14:41、ゆのっち × (バージョン 1) 具体的な切れ目が指定されていますので、これを取り込めば、ボタン1つで自動分割!最初、この存在を知らず分割調整をしていたのですが、微妙にずれが生じてうまくいきませんでした。 このファイルをAdudacityのファイル>ラベルを開くで読みこむと、ご覧の通り、ラベルで各センテンスの切れ目を指定してくれています。

あとはファイル>複数ファイルの書き出しを選択して、分割するファイル数の数だけOKボタンを押して、分割ファイルを生成します。

↑ MPファイルで書き出し形式で選択、書き出し場所も自由に設定できます。

↑ この画面でOKボタンを500数十回押します。ただ繰り返すだけです(ここだけ本当の意味で手間がかかります)。

↑ 最終的にこのようなファイル名で出力されます。セクション部分は別ファイルとなっているので、これを45ファイル削除すれば、あとは560本の例文ファイルだけになります。

次回、「DUO3.0を活用した英語学習方法 iPhone編その3」ではこの音声ファイルをFlashcards Deluxeに取り込んでデッキカードを作成する方法を解説します。

DUO3.0を短期間でマスターするための効率的な勉強法

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク