【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

ベランダの蟻駆除に救世主 アリメツを試してみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アリメツ

今年の春先から、ベランダに小さな蟻が大量に発生。 いろいろ調べてみると、同じ悩みをもたれている方もいるようで、評判のよかった駆除剤を購入しました。

その名は、、、、、「アリメツ」。 送料込で700-800円程度(メール便の場合)。
横浜植木株式会社が製造販売する、蟻(アリ)を全滅(メツ)する理想的殺虫剤!とのこと。 その効果はいかに?
期待がふくらみます。

私が購入したのは緑色のプラスチックケースがついた新タイプのもの。
旧型の白いケースのタイプは蓋がないため、雨水がはいるため、雨の日でもOKなように改善したタイプだそうです。
こちら↓がニューパッケージです。
アリメツ新パッケージ

こちらの容器のまんなかの窪みににアリメツの液体(原液のまま)をたらして蓋をします。
駆除剤が固まらないように直射日光を避けつつ、蟻の通り道に設置完了。
※直射日光下では薄い膜ができて、蟻が食べにくくなるようです。その場合は2・3滴水を入れます。
蟻は摂氏24℃以上が最も食欲旺盛だそう。そのためアリメツは梅雨前後から初夏が最も効果があります。
また蟻の巣の中の卵は7~10日で孵化し再び活動するため、しばらく継続的にアリメツを設置して完全に退治する事が必要です。
アリメツ容器

しばらく眺めていると、しめしめ・・・・蟻が吸いこまれるようにはいっていきます。
※あまりにも絵的によくないので蟻集合の写真はなしということで・・・

しばらく様子みてレビューしたいと思います。

※9月7日追記
蟻は半減しているような感じ。 恐る恐る蓋をあけて中をみると、液体がすっかりなくなっていました。
蓋がついているので雨で流れたとか、こぼれたようなところはなかったので蟻がもっていったのか、蒸発してしまったのか?
早速液体を追加して、さらに様子をみることに。効果はいかに?

※9月14日追記
先週からあまり状況はかわっていない模様。相変わらず、蟻がいる。
容器に補充すると同時にキッチンタオルにたらして植木鉢の下に敷いてみることに。
さらにベランダの蟻の通り道に適当に液をたらしてみたところ、すごい数の蟻が群がってきました。
新型の容器よりは直接のほうが効果があるかもしれません。
明日以降は台風の進路となり、風雨にさらされるので直接まいた液は流されてしまいそうですが、しばらく様子をみてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガーデニング
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間