【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

台北のネギ餅(葱油餅)の作り方 ゴマ油の香ばしさともっちり触感がやみつき

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

台北のネギ餅

台北では屋台などでもよく売られている家庭料理、ネギ餅(葱油餅)。
お腹が減った時に、おやつ感覚で食べられる、いわゆる巨大な餃子のようなオヤキのような食べ物です。

具材はなんでもよく、基本は餃子と同じで、そのほかチーズや高菜なんかもいれてもよいですね。

今回は前日夜に食べた3色鶏そぼろ丼のお肉が残っていたので、それとあわせてシーチキンを加えてつくってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?

もちもち感最高なネギ餅の作り方

【材料(1枚、2人前)】

・薄力粉3カップ
・熱湯1カップ
・長ネギ2本(みじん切り)
・とりそぼろ肉(今回は前夜の残りですが、餃子のタネやハム、チーズ、高菜などお好きな具材をいれてください)
・シーチキン (1缶油をきる)
・ゴマ油 大さじ3
・油 少々
・塩 小さじ2/3
・水 1/2カップ

【作り方】

①ボウルに薄力粉をいれて、熱湯を少しずついれて箸なでどよく混ぜ合わせる。

②耳たぶのかたさになるまで捏ねる。

③濡れた布巾を生地にかけて、約20分ほど室温で放置する。

④麺棒で③を生地を40×60センチの長方形に伸ばす。

⑤ゴマ油、みじん切りにしたネギ、塩少々を事前によく混ぜておく。

⑥④の生地に⑤をまんべんなく塗り付け、具材(今回は鶏そぼろ肉とシーチキンを混ぜたもの)をひらたくのせる。

⑦⑥の具材をのせた生地を棒状に巻き、次に棒状になった生地を渦巻状態に巻く。
端部分は崩れないように折りこんで、上から少し手で記事全体を抑押え込んで、綺麗に渦巻された円形状態に整えます。

⑧フライパンに油を熱して、円形の生地を両面まんべんなくこんがり焼き、仕上げに水1/2カップを加えて、蓋をして蒸し焼きにする。

⑨水がなくなったら、少しだけ油をたして、カリカリに焼き上げてできあがり。

▼生地をつくって、具材を並べて棒状にまるめたものをさらにぐるりと巻くだけ。
焼き方がなかなか面白い。ゴマ油の香ばしさもあって、食欲がすすみます!

台北のネギ餅

▼中身はこんな感じ。1ピースを取り出したところ。

台北のネギ餅

▼1ピース。酢醤油+ラー油につけて食べます。まさに巨大な餃子。生地がもちもちしていて美味しいです。

台北のネギ餅

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。