松江の老舗和菓子屋 桂月堂の秀菓撰「若草」【お取り寄せ】

この記事の所要時間: 23


若草

本日のお取り寄せは島根県松江市にある、創業文化六年 (1809 年)と200年の歴史がある桂月堂の「秀菓撰」。「秀菓撰」には桂月堂で人気のある代表的ななお菓子がたくさん詰め込まれています。

松江市へのふるさと納税でいただいたお礼の品となります。

▼椿(かんつばき)と猫柳(ねこやなぎ)の絵が美しい、熨斗。高級感漂います。

若草

▼桂月堂の秀菓撰。全部で34個の詰め合わせ。
左から、「朝汐」、「かこい梅」、「若草」、「神話の月」、「薄小倉」、「出雲三昧」、「宍道湖の月」の7種類、全34個。

若草

スポンサーリンク

茶の湯の文化が根付く、松江市

水の都、島根県松江市は古くより、松前藩七代藩主松平治郷(不昧公)から始まった茶道の一派、不昧流(ふまいりゅう)により、茶道が盛んな地域であったことから、数多くの和菓子屋があることで有名です。

もともとは外国から伝来したものが全国の城下町へ広まって、百品以上の和菓子がつくられたのが、松江和菓子のはじまりといわれています。

その中でも、松江を代表する銘菓として三大銘菓といわれる、「山川・菜種の里・若草」は不昧公お好みの和菓子です。
今日はこの中から見た目も鮮やかな「若草」をチョイスしました。

 「曇るぞよ 雨降らぬうちに摘みてむ 栂尾山の春の若草」

若草はこの不昧公の詠んだ歌から名づけられた和菓子です。
良質のもち米から練り上げられた求肥に萌える若草色の寒梅粉(かんばいこ)をまぶしたもので、若草山の春の景色をあらわしています。

ちなみに、寒梅粉とは字のごとく、梅の粉ではありません。
もとは餅を伸ばして鉄板で焼き、挽いて粉末にしたみじん粉をさらにふるいにかけて細かくした粉のことだそうです。

若草

▼さらさらの甘味のある寒梅粉がしっとり求肥をやさしくコーディングしています。
なかはもっちり、食べごたえあり。御茶請けに最高ですね。

若草

この「若草」に限らず、松江三大銘菓は代表的な銘菓だけに、他の和菓子屋さんでもつくられているようです。
将来、実際に訪問した際に食べ比べをしてみたいと思っています。

▼節税ができるお得な「ふるさと納税」はこちらの記事を参考にしてください。

ふるさと納税とは ふるさと納税とは、都道府県や市区町村(以下自治体)に寄附をすると年間の総寄附額から2千円差し引いた額だけ減税される制度の...
最近はメディアでも自己負担2,000円することでノーリスクで地方特産物をおとりよせできる「ふるさと納税」を取り上げる機会も多くなってきたこ...
確定申告をおこなうことで税金が還付される、お得な「ふるさと納税」。 8月から順次申込んでいた寄付金のお礼としていただける品物の一部が届きま...
「ふるさと納税、全国初の10億円突破 長崎・平戸市」が今日のニュースで取り上げられていました。 上位10位までの自治体の内、九州勢が5...
桂月堂

桂月堂 オリジナル詰合せA
価格:3,813円(税込、送料別)

桂月堂 不昧公セット

桂月堂 不昧公セット
価格:1,156円(税込、送料別)

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク